青森県 不老ふ死温泉の予約をする前に動画と写真で宿の様子を見学!

不老ふ死温泉

温泉ファン憧れの一軒宿・青森県 不老ふ死温泉 (ふろうふしおんせん)。不老ふ死温泉に宿泊の予約を検討しているあなたに、客室・料理・露天風呂などを写真と動画でご紹介します。

予約をする前に宿の様子を見学してください。

客室 宿に到着。スタッフの方に案内された客室は、ゆっくりくつろげそうな和室です。窓からは日本海の眺めも楽しめます。夕暮れ時の風景は、なんとも旅情をかきたてます。部屋でひと息ついたら宿自慢の日本海を望むパノラマ展望露天風呂へ

露天風呂 こちらが波打ち際の混浴露天風呂。茶色がかったお湯は効能豊かな名湯です。泉質はナトリウム―塩化物強塩泉。効能は皮膚病・冷え症・リウマチなど。潮騒に耳を傾けながら湯船につかれば、日本海と一体になれる至福のひとときを堪能できます。

露天風呂のほかに内湯もあり、二つある湯船のうち透明のお湯は、温泉が肌に合わないヒトのための沸かし湯になっています。

郷土料理 不老不死温泉を満喫したら夕食の時間です。地元・艫作(へなし)や近隣の漁港で揚がる海の幸を散りばめたメニューです。先付けは、艫作(へなし)産・サザエのつぼ焼きとホタテの天ぷら。肉厚のサザエはコリコリと食感がたまりません。

続いては、アンコウのとも和え。アンコウの身と肝に味噌を混ぜて和えてあります。お酒が進む珍味です。お造りは、タイ・カワハギの昆布〆・ブリ・本マグロなど、すべて艫作(へなし)産

和食膳 地元のブランド豚・岩木高原豚はしゃぶしゃぶで。青森ならではの甘みのあるリンゴのポン酢でいただけば美味このうえなし。活アワビの陶板焼きも並びます。日本海の恵みが堪能できるみちのく青森の夕食に大満足。

最後に不老ふ死温泉の動画をご紹介しますのでご覧ください。


いかがでしたか?

不老ふ死温泉の宿泊予約はこちらから


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

賢治

投稿者プロフィール

埼玉県在住。1956年生まれ。自由業。定年前に勢いで会社を辞めて自由人になった還暦おやじ。趣味は中国古典の翻訳。家族五人

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 老神温泉 吟松亭あわしま

    夏休みの尾瀬旅行におすすめの宿|老神温泉 吟松亭あわしま

夏休み旅行おすすめ宿

  1. バイキングの宿
  2. 八ヶ岳の高原リゾート
  3. 一柳閣

クローズアップ記事

  1. 銀鱗荘ことぶきの夕食

    南房総千倉で舟盛りやお寿司が評判の宿といえば銀鱗荘ことぶきです。

  2. ラジウム泉の宿

    ラジウム温泉が楽しめる宿|新潟県 村杉温泉 長生館

  3. 吉村屋(妻籠宿)

    妻籠宿のおそば屋さん吉村屋で石挽の手打ち玄蕎麦を食べました。

  4. 間人蟹

    丹後半島で間人蟹のフルコースが評判の温泉旅館といえば炭平です。

ページ上部へ戻る