鳥取で松葉ガニと温泉が楽しめるおすすめの旅館といえば?

山陰地方最大級の温泉郷・鳥取県の皆生温泉(かいけおんせん)。今回ご紹介するのは、皆生温泉の中でもいちばんの老舗旅館 海色・湯の宿 松月 (うみいろ ゆのやど しょうげつ)です。

松葉ガニ 鳥取の冬の味覚といえば松葉ガニ。松葉ガニ漁の解禁日は11月6日。冬の時期は旬のとれたて松葉ガニ尽くしの料理が楽しめます。

館内 上品な和の雰囲気が漂う松月の客室数は全19室。行き届いたサービスを提供するために、客室の数を1927年(昭和2年)の創業以来、増やしていないそうです。

客室 客室に入ると、まず飛び込んでくるのが大きな窓からの景色。優美な大山(だいせん)と、刻々と表情を変える日本海。海と山の景色をひとり占めできます(客室のタイプは 宿泊プラン の中から選べます)

大浴場 お部屋でひと休みしたあとは温泉へ。お風呂からも海を一望できます。皆生温泉は塩を多く含み、神経痛や皮膚病によく効くといわれています。

創作和会席 名湯を満喫したらお待ちかねの夕食です。鳥取の旬の味覚をふんだんに使った創作和会席が楽しめます。アワビ・フカヒレ・ウニ…。豪華な食材が食卓を彩ります。ぜいたくすぎてどうしましょう(笑)

鳥取和牛の炙り寿司 こちらは鳥取和牛の内ももを使った炙り寿司。ニンニクを添えて。柔らかくて香りもよく、きめ細かいサシの入った肩ロースは、しゃぶしゃぶでいただきます。

松葉ガニのカニ味噌 そしてお待ちかねの松葉ガニ。まずは炭火焼きで。お酒と卵の黄身でひと手間加えたカニ味噌は濃厚。

松葉ガニの刺身 これぞ山陰の冬の味、松葉ガニのお刺身です。新鮮でプリプリ。この時期は身がたっぷり詰まっています。繊細な食感。口の中で広がる甘み。たまりません。

松葉蟹 鳥取の味覚と松葉ガニを心ゆくまで堪能。冬の時期、松葉ガニを食べに鳥取に旅行に行くなら、泊まる宿は 皆生温泉の松月 がおすすめです。


カニ旅行おすすめ宿

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

賢治

投稿者プロフィール

埼玉県在住。1956年生まれ。自由業。定年前に勢いで会社を辞めて自由人になった還暦おやじ。趣味は中国古典の翻訳。家族五人

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 白樺リゾート

    夏休みの子供連れ旅行は白樺リゾート池の平ホテルがおすすめです。

料理が評判の宿

  1. 天然クエ料理が食べられる宿
  2. 皆生菊乃家 松葉ガニのフルコース
  3. カニのフルコース

クローズアップ記事

  1. 卒業旅行は久米島へ!

    卒業旅行に!久米島の観光スポットとおすすめホテル

  2. 雲仙観光ホテルのダイニング

    雲仙観光ホテルのディナーと朝食(洋食・和食)を画像でご紹介します。

  3. すし久 の手こね寿司

    伊勢神宮内宮前のおかげ横丁・すし久で「てこね寿司」を食べてきました。

  4. ナゴヤドーム徒歩圏内のホテル

    ナゴヤドーム徒歩圏内のホテル|ホテルレオパレス名古屋

ページ上部へ戻る