山形へ温泉旅行に行くなら宿は白布温泉の西屋がおすすめです。

白布温泉 西屋

東京から山形新幹線で米沢へ。米沢からバスに乗り換え約50分。今回ご紹介するのは、古くから湯治場として開けた 山形県 白布温泉 西屋(しらぶおんせん にしや)。築二百年の茅葺き屋根の古民家が趣のあるお宿です。

館内の床には籐(とう)が敷き詰められていて、部屋に用意された足袋(たび)で歩くようになっています。これもまた歴史ある宿ならではのもてなしです。

客室 客室は純和風のお部屋。山の湯宿にふさわしい静けさに満ちています。窓の外に立ちのぼる湯煙(ゆけむり)が温泉情緒をかきたてます(客室のタイプは 宿泊プラン の中から選べます)

お部屋でひと息ついたら温泉へ

滝風呂 こちらは宿の自慢の滝風呂。温泉が滝のように流れ落ちています。この滝風呂は打たせ湯として楽しむ人も多いといいます。

温泉小屋 泉質は効能豊かな硫黄泉。熱い温泉というとおり源泉は60度。山あいの秘湯の風情が癒しに満ちています。

郷土料理 白布温泉・西屋の夕食です。もてなしは米沢牛の魅力が堪能できるすき焼き膳。前菜は六種盛り。季節の恵みが散りばめられています。盛りつけも粋。

冷や汁 こちらは米沢藩に古くから伝わる山形の郷土料理・冷や汁(ひやじる)。合戦の出陣式に振る舞われたといわれ、米沢の正月料理にもなっています。

米沢牛 メインは米沢牛のすき焼き。どうです、この見事なサシ。これはたまりません。地元だからこそ味わえる極上の米沢牛です。

すき焼き 味付けは自家製の味噌だれ。すき焼きに味噌だれとは珍しいですね。「焼き」というより「煮る」に近い西屋のすき焼き。米沢牛が硬くならない程度に軽く火を通していただきます。口の中でとろけるおいしさです。

地酒 地元・山形の地酒もいろいろな銘柄が用意されています。米沢の美味と、湯治場の面影を残す滝風呂で、源泉かけ流しの名湯を満喫。山形県・白布温泉の西屋は一人旅にもおすすめできる湯宿です。

白布温泉 西屋の口コミを見てみる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

賢治

投稿者プロフィール

埼玉県在住。1956年生まれ。自由業。定年前に勢いで会社を辞めて自由人になった還暦おやじ。趣味は中国古典の翻訳。家族五人

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 八ヶ岳の高原リゾート

    フレンチと美肌の天然温泉が楽しめる八ヶ岳の高原リゾート

おすすめ高級宿

  1. 那須高原 山水閣
  2. 奥満願寺温泉 旅館藤もと
  3. 天翠茶寮

クローズアップ記事

  1. 会津東山温泉 今昔亭

    会津東山温泉に宿泊するなら川床料理が人気の今昔亭がおすすめです。

  2. ほたる観賞の夕べ

    熱海梅園ほたる観賞の夕べ送迎付きプランのあるおすすめ旅館

  3. 沼津駅近くのホテルに泊まるならココチホテル沼津がおすすめです。

  4. うどん 岡村屋(埼玉県加須市不動岡)

    不動ヶ岡不動尊山門前の岡村屋でなまずの天ぷらとうどんを食べました。

ページ上部へ戻る