夕日が見える露天風呂と海鮮料理が自慢!雲仙・小浜温泉おすすめ宿

小浜

博多から長崎本線・諫早駅(いさはやえき)へ。諫早駅から路線バスに乗り換え約60分。長崎県・雲仙岳(うんぜんだけ)のふもと・橘湾(たちばなわん)に面する小浜温泉(おばまおんせん)。源泉の湯温はなんと105度。熱量世界一の温泉です。

外観 今回ご紹介する宿は 小浜温泉 春陽館(しゅんようかん)。木造の建物が風情をかもし出す昭和九年創業の老舗旅館です。

玄関 宿に到着すると唐破風の門構えがお出迎え。玄関に入ると老舗旅館の雰囲気が漂います。玄関からも橘湾が一望。チェックインをすませて客室へ。

客室 客室は本館と別館に分かれています。こちらは木のぬくもりあふれる純和風のお部屋です。窓からは橘湾が望めます(客室のタイプは 宿泊プラン の中から選べます)

お部屋でひと息ついたら温泉で旅の汗を流しましょう。

大浴場 源泉は105度と高温とあって加水こそしていますが、掛け流しにこだわるお湯は効能も豊か。大浴場には、源泉の配管に付着した湯の花が、オブジェとして飾られています。

露天風呂 自慢のお風呂はもうひとつ。別館にあるのは、小浜名物・東シナ海の沈む夕日を見ながらにして楽しめる展望露天風呂です。空も海も一面の景色が茜色に染まる小浜の夕日。一見の価値ありです。

会席料理 小浜の夕日が沈んだら、お待ちかねの夕食です。もてなしは新鮮な海の幸。豪華な料理がずらりと並びます。

お造り 彩りも華やかな前菜は脂の乗ったカマスの柚子焼き・焼きウニなど。タコの薄造りは、モミジおろしにポン酢でいただけば、美味このうえなし。

禁止令になっていたフグをカニだと偽り、梅を添えて甘辛く煮た郷土料理・ナシフグのがね炊きもいただけます。

六兵衛 こちらは島原半島の伝統の味・六兵衛(ろくべえ)。サツマイモの粉を麺状にしたもので、つなぎにヤマイモを使っています。弾力ある食感とほのかなサツマイモの甘みが特徴の郷土料理です。

お造り お造りは、カンパチ・マグロ・ミズイカ・ヒラメ・車エビの五点盛り。新鮮な車エビはプリプリの食感が最高。

ワタリガニ

こちらはタイラガニの蒸し焼き。タイラガニはワタリガニのこと。身は淡泊ですがカニの旨みが凝縮されています。焼き物は車エビとサザエ。立ちのぼる磯の香りが食欲をかき立てます。

温泉蒸し焼き

春陽館の名物料理・温泉蒸し焼き。温泉で蒸されたのは、味わいは伊勢エビ以上といわれるウチワエビ。イイダコの下にはジャガイモが。どれもがふっくらとおいしく蒸しあがっています。

釜飯 締めは、ジャコと、こぶ高菜の釜飯。ほのかな塩味がするやさしい口あたり。底のほうにはおこげがたっぷり。これはたまりません。

夕日 東シナ海に沈む夕日と有明の美味を堪能。島原半島で夕日が見える宿をお探しなら、小浜温泉の春陽館がおすすめです。

小浜温泉 春陽館の口コミを見てみる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

真由美

投稿者プロフィール

埼玉県在住。1972年生まれ。主婦。水泳選手だったころの体型とは別人になったママ。趣味はカラオケ。家族四人

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 伊豆下田のリゾートホテル

    夏休みの温泉デートに!海水浴とプールで遊べる伊豆下田のリゾートホテル

夏休み旅行おすすめ宿

  1. 高原リゾート
  2. 夏休みの赤ちゃん旅行
  3. 海水浴場が目の前にある公共の宿

クローズアップ記事

  1. かんすい苑 覚楽

    那須高原の観光にもアクセス便利な黒磯温泉のおもてなし旅館

  2. 海峡の風

    女子旅で函館に宿をとるなら大正浪漫あふれる海峡の風がおすすめです。

  3. 赤城南面千本桜

    赤城南面千本桜の見頃と宿泊にアクセス便利なにごり湯の宿

  4. 指宿 白水館

    そうだ旅に行こうでローラさんが宿泊した砂蒸し温泉 指宿 白水館

ページ上部へ戻る