美味しいあんこう鍋が食べられる茨城県ひたちなか市の藤屋ホテル

あんこう鍋(藤屋ホテル)

JR常磐線・勝田駅(かつたえき)から海浜鉄道に乗り換え那珂湊駅(なかみなとえき)下車徒歩約7分。今回ご紹介するのは、茨城県ひたちなか市・那珂湊港の目の前に位置する 藤屋ホテル(ふじやほてる)

冬の時期は名物のあんこう鍋とあんこう料理が楽しめます。

外観 創業は明治。この地に宿をかまえて百二十年の歴史を誇ります。旧水戸藩別荘の湊公園の目の前、那珂湊おさかな市場までは徒歩3分と、観光拠点としても便利な立地です。

客室 客室は和室。窓からは湊公園(みなとこうえん)が目の前に広がり、4階のお部屋からは太平洋も望めます(客室の広さや階は 宿泊プラン の中から選べます)

浴場

お風呂は男女別で24時間入浴可能。天然温泉ではありませんが弱アルカリ性の人工温泉です。

あんこう料理 藤屋ホテルの夕食です。冬の時期の名物はあんこう鍋。あんこうを堪能したいかたには、あんこう鍋のほかにもさまざまなあんこう料理が楽しめる「あんこう尽くしプラン」がおすすめです。

あん肝 まずはあん肝のポン酢仕立て。海のフォアグラとも呼ばれるトロリと甘いあん肝をポン酢とモミジおろしでいただきます。

あんこう共酢 続いては、あんこうの共酢(ともず)。蒸したあんこうをあん肝入りの酢味噌でいただきます。さっぱりとした中にも濃厚な旨みが広がる逸品。

あん肝豆腐 こちらは、あん肝豆腐。あん肝を練り込んだお豆腐です。柔らかな食感と、口の中でとろける甘みが楽しめます。

あん肝のソテー さらに、厚切りにしたあん肝のソテーも。ワサビの香りが濃厚なあん肝の味を引き立てます。これは絶品。くせになる味です。

あんこう鍋(特製味噌仕立て) メインは宿自慢のあんこう鍋。炒ってすりつぶしたあん肝をたっぷりと練り込んだ特製の味噌仕立て。体の中から温まります。コラーゲンもたっぷりなので翌朝はお肌もつるつるです。

雑炊 あんこう鍋の〆は雑炊で。旨みが凝縮されている出汁(だし)が染みこんだ雑炊を目当てに毎年通うリピーターも多いとか。

あんこう鍋 茨城の冬の味覚・あんこうを使った料理の数々。満足できます。あんこう料理が楽しめるのは10月から4月。茨城県ひたちなか市へ美味しいあんこう鍋を食べに行くなら、泊まる宿は 藤屋ホテル がおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

賢治

投稿者プロフィール

埼玉県在住。1956年生まれ。自由業。定年前に勢いで会社を辞めて自由人になった還暦おやじ。趣味は中国古典の翻訳。家族五人

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 北軽井沢ハイランドリゾートホテル

    避暑地で夏を過ごすなら北軽井沢ハイランドリゾートホテルがおすすめです。

夏休み旅行おすすめ宿

  1. 伊豆下田のリゾートホテル
  2. 北軽井沢ハイランドリゾートホテル
  3. グランビュー岩井

クローズアップ記事

  1. オーベルジュ湯楽の夕食

    湯河原で食事と源泉掛け流し温泉が評判の宿といえばオーベルジュ湯楽です。

  2. 別所温泉 花屋

    別所温泉のおすすめ宿といえば源泉掛け流しの老舗旅館・花屋です。

  3. 天城湯ヶ島

    伊豆<1日2日>一人旅に!天城湯ヶ島温泉の老舗旅館

  4. 白骨温泉 湯元 齋藤旅館

    飲泉もできる白い温泉が評判の宿|白骨温泉 湯元 齋藤旅館(長野県)

ページ上部へ戻る