あんこう料理がフルコースで楽しめる北茨城のホテル

あんこう鍋

冬の茨城といえば、あんこう鍋。肝が肥大する12月から2月があんこうの美味しい時期。ということで、今回は、北茨城市にある 磯原温泉 磯原シーサイドホテル(いそはらおんせん いそはらしーさいどほてる)をご紹介します。

あんこう鍋をはじめ、あん肝・共酢・唐揚げなど、あんこう料理がフルコースで楽しめますので、鮟鱇(あんこう)好きにはもってこいのお宿です。

外観 磯原シーサイドホテルへのアクセスは、車の場合は、常磐自動車道・北茨城ICから約8分。電車の場合は、JR常磐線・磯原駅(東口)からタクシーで約5分

二ツ島 北茨城のパワースポットとしても知られる二ツ島(ふたつしま)の目の前が磯原シーサイドホテルです。上の写真は、二ツ島のある磯原海岸から昇る朝日の光景。客室や温泉からも磯原海岸から昇る朝日が望めます。

客室 客室のタイプは和室と洋室。すべてのお部屋から磯原海岸(二ツ島海水浴場)と二ツ島を一望。夜はライトアップされた幻想的な二ツ島の姿も見られます(客室のタイプは 宿泊プラン の中から選べます)

天空露天風呂(昼間の光景) 天空露天風呂(夕方の光景) ライトアップされた露天風呂 宿の自慢は屋上にある天空露天風呂。見渡すかぎりの水平線と、夜はライトアップされた二ツ島や遠くには漁火も見ることができます。お風呂のお湯は敷地内から湧き出す自家源泉。良質な温泉で潮風に吹かれながら極上の湯浴みが楽しめます。

あんこうのオブジェ お待ちかねの夕食です。食事処ではあんこうのオブジェがお出迎え。冬の名物あんこう鍋。磯原シーサイドホテルであんこう料理を楽しむなら「あんこう尽くしフルコース料理」プランがおすすめです。

あんこう共酢 まずは、あんこうの共酢(ともず)あえ。茹でたあんこうの身と皮を煮こごりにして、あん肝入りの酢味噌でいただきます。淡泊な身と、コラーゲンたっぷりの皮の食感が楽しめます。

あん肝 続いて、あん肝。上質なアンコウの肝だけを使用。オレンジ色に光る光沢のある脂があん肝の旨みの特徴。ポン酢ともみじおろしでいただきます。

あんこう唐揚げ甘酢あんかけ こちらは、あんこうの唐揚げ甘酢あんかけ。カラッと揚げたあんこうの唐揚げにリンゴ黒酢であんかけに。甘酸っぱい香りとさっぱりした食感が楽しめます。

あんこうの唐揚げ 軽く味付けしたあんこうの身を香ばしく揚げた唐揚げは酢橘(すだち)を絞っていただきます。揚げたてのアツアツでいただくのが美味しい食べ方。

あんこうのブイヤベース仕立て あんこうときのこのソテー あん肝とフルーツのソテー そのほか、あんこうのブイヤベース仕立て、あんこうときのこのソテー、あん肝とフルーツのソテー、あんこう肝ねぎ味噌、あんこうちり蒸しなど、ホテルオリジナルのあんこう料理がいただけます。

あんこう鍋 そしてメインは茨城名物あんこう鍋。味付けは「どぶ汁」と呼ばれる肝を使った地元漁師の料理方法で濃厚な出汁が特徴。ホテル独自の味付けで、始めてあんこう鍋を食べる方でもおいしくいただけます。締めは出汁を卵でとじて雑炊に。

あんこう尽くしのもてなしに体も心も温まります。

磯原シーサイドホテルの口コミを見てみる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者プロフィール

神奈川県在住。1973年生まれ。会社員。ゴルフとスーパー銭湯が大好きな中間管理職。休みがとれないのが悩みの種。家族四人

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 熱川館

    海水浴場が目の前の宿<幼児無料>熱川温泉・熱川館

料理が評判の宿

  1. まるみつ旅館のあんこう鍋
  2. 里海邸 あんこう鍋
  3. 島根県のカニ宿 玉造温泉・白石家

クローズアップ記事

  1. 小浜温泉

    日本一長い足湯と夕日の名所で知られる長崎・小浜温泉の老舗旅館

  2. 緑色の温泉

    北海道 美肌の湯|メタケイ酸を多く含む緑色の温泉<ニセコ温泉郷>

  3. 美湯の宿

    湯田中温泉に宿泊するなら美湯の宿がおすすめです<源泉掛け流し>

  4. 渓雲閣

    奥塩原の秘湯にごり湯の宿|新湯温泉の渓雲閣を写真で紹介

ページ上部へ戻る