アマンド六本木店で食事。ワンプレートメニューが美味しかった。

アマンド六本木店

2015年12月8日。お友だちのエミちゃんと六本木のアマンドへ。待ち合わせ場所に使ったのではありません。食事をしてきました。私もエミちゃんもアマンド六本木店で待ち合わせをしたことは過去あるけど、お店に入るのははじめてです。

アマンド前 東京メトロ日比谷線・六本木駅3番出口からすぐ。アマンド は昔も今も六本木の待ち合わせ場所として健在です。お店の前は待ち合わせであろう人たちでいっぱいでした。

アマンドの2階席 入り口にはケーキのショーケースがあり、奥が座席になっています。お客さんもそこそこ入っている様子。

座ろうとすると、奥の階段から人が降りてきたのを見て「あ、2階にも席があるんだ?」ということを知りました。1階席は外を通る人たちと目が合って落ち着かないこともあったので、2階の席に通してもらうことにしました。

二階からの景色 2階は比較的すいていて、窓際の席に座れました。2階にして大正解。六本木駅前のネオンの風景と交差点を行き交う人たちの様子がよく見えました。二階建てバスに乗って六本木巡りをしている気分。

メニュー 軽くコーヒーをいただくつもりで休憩がてらに入ったのですが、メニューを見たらワンプレートの食事がおいしそう。

ケーキもおいしそうだったので、ケーキセットにしようか迷いましたが、夕方の6時になろうとしていたので、小腹もすいていましたし、食事を注文することにしました。

プレートメニュー 私は昔懐かしい喫茶店メニューのナポリタンセットを頼みました。ワンプレートにサラダとスープが付いていました。

昭和50年代、私が若いころ食べた喫茶店のナポリタンといえぱ太麺で柔らかいパスタでしたが、アマンドのナポリタンは固めに茹でてあって品よく細麺を使って今風に。味はなつかしいものでした。

ワンプレートメニュー エミちゃんは、グラタンがメインのワンプレートメニューを注文。パンやサラダ、スペイン風オムレツなどいろいろ載っていておいしそうです。

アマンドの食事 エミちゃんにパンを少し分けてもらって食べたら、米粉を使っているのかな? もっちりしていて焼きたて感があり美味しいパンでした。エミちゃんのバラエティなプレートも私のパスタのプレートもボリュームがあって懐かしさもあり大満足。

紅茶 お食事をいただいたあと、まだおしゃべりがしたかったので、飲み物を追加してセットにしてもらいました。紅茶を注文したエミちゃんにはポットで紅茶が運ばれてきました。

コーヒー 私はコーヒーを注文。ネルドリップで淹れたこだわりのコーヒーらしく、濃いめのものでした。

パンフレット もう12月。クリスマスも近いため、アマンドの店内にはケーキ予約のパンフレットが置いてありました。リースをかたどったパイシューのケーキがかわいらしい。

焼き菓子 すっかりおしゃべりも弾みおなかもいっぱい。買物で歩き疲れた足も癒やされました。お会計をしに下に降りると、レジの下のショーケースにはクリスマスツリーをデザインした焼き菓子が並んでいました。お土産にも喜ばれそうですね。

六本木アマンド 今も昔も変わらないピンクが印象的なアマンド六本木店。今回はじめてお店に入ってみましたが、昔ながらの素朴なお店といった印象で、昭和世代の私たちにはとても落ち着ける空間でした。これから先もこのままの変わらないスタイルでずっと残っていてほしいな。

テープル アマンドの場所は東京メトロ日比谷線六本木駅3番出口から徒歩すぐ。六本木交差点前。年中無休。営業時間は、日月火水祝が10時から23時。木金土が10時から翌3時。電話番号や地図などは アマンド六本木店 のホームページで確認できます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

尚子

投稿者プロフィール

東京都在住。1964年生まれ。主婦。子育ても落ち着いたので地域情報紙の編集アシスタントとして従事。趣味は旅行。家族四人+愛犬1匹

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 夏休みの赤ちゃん旅行

    夏休みに赤ちゃん連れで旅行に行くなら軽井沢におすすめのホテルがあります。

夏休み旅行おすすめ宿

  1. 軽井沢おもちゃ王国
  2. 夏休みの子連れ旅行で宿泊したリカーヴ箱根
  3. ホテルリゾリックス車山高原

クローズアップ記事

  1. いさり火

    飴色の濁り湯温泉と海の幸づくしの料理が楽しめる東伊豆の宿

  2. 万座ホテル聚楽

    女子旅におすすめ!万座温泉アンチエイジングの美肌温泉宿

  3. 箱根湯本温泉 月の宿 紗ら

    女子旅で箱根湯本温泉に宿泊するなら月の宿・紗らがおすすめです。

  4. ナゴヤドーム徒歩圏内のホテル

    ナゴヤドーム徒歩圏内のホテル|ホテルレオパレス名古屋

ページ上部へ戻る