函館の奥座敷・湯の川温泉で料理自慢の宿といえば竹葉新葉亭

竹葉新葉亭

函館の奥座敷といわれる湯の川温泉(ゆのかわおんせん)。開湯は1653年。以来、湯治場として栄え、温泉街の入口には足湯が設けられ、湯けむりに誘われた人々が憩う姿を見ることができます。

今回ご紹介するのは湯の川温泉屈指の高級旅館 竹葉新葉亭(ちくばしんようてい)。竹葉の名のとおり館内の至るところに竹があしらわれています。

客室 客室は、手前にひと部屋、さらに12.5畳の広々した部屋がある数寄屋造りのぜいたくな空間です。純和風のお部屋でゆったりとくつろぐことができます(客室のタイプは 宿泊プラン の中から選べます)

旅の荷をほどいたら湯の川の名湯を楽しみましょう。

大浴場 こちらは大きなガラス張りの窓から日差しが差し込む大浴場。泉質は二酸化炭素を含むナトリウム―塩化物泉。効能も豊かです。

雪見露天風呂 外には露天風呂もあります。冬は雪見の風情を楽しみながらの湯浴みを満喫できます。

会席料理 夕食はお部屋食。もてなしは道内名産の海の幸を集めた豪華な会席料理。味はもちろん盛りつけにも趣向を凝らしています。

キンキ料理 中でもイチバンのおすすめはキンキの柚香漬け(ゆこうづけ)。道内で水揚げされた高級魚・キンキをしょう油ベースの漬け汁にユズを加えて染みこませたもの。香ばしさとユズの香りがたまりません。

アワビの竹皮蒸し こちらは活き蝦夷鮑(えぞあわび)の竹皮蒸し。生きたアワビを宿名の竹葉にちなんで、竹の皮で包んでお酒で蒸し焼きしたもの。身が引き締まった道内産のアワビは口に入れるとほどよい弾力があり、バターとの相性も抜群です。

毛ガニ そして北海道と言えばカニ。食卓に並ぶのはその日の朝に茹でた活き毛ガニ。身がびっしりと詰まっています。

ウニ 効能豊かな名湯と、北海道の山海の美味をふんだんに使った会席料理を心ゆくまで堪能。宿泊客の口コミ評価が高いのもうなずけます。

函館 湯の川温泉 竹葉新葉亭の口コミを見てみる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

賢治

投稿者プロフィール

埼玉県在住。1956年生まれ。自由業。定年前に勢いで会社を辞めて自由人になった還暦おやじ。趣味は中国古典の翻訳。家族五人

この著者の最新の記事

関連記事

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ

ピックアップ記事

  1. 熱川館

    海水浴場が目の前の宿<幼児無料>熱川温泉・熱川館

アーカイブ

おすすめ高級宿

  1. 阿しか里
  2. 鬼の栖(修善寺温泉)
  3. 皆生温泉・松月

クローズアップ記事

  1. グラスクローネ展

    グラスクローネ展2016年を見に銀座へ行ってきました。

  2. 上大島キャンプ場に格安料金でテントをレンタルして行ってきました。

  3. 熱川大和館

    カップルの温泉旅行におすすめ!伊豆熱川の海の見える絶景温泉旅館

  4. 渓雲閣

    奥塩原の秘湯にごり湯の宿|新湯温泉の渓雲閣を写真で紹介

アーカイブ

ページ上部へ戻る