函館の奥座敷・湯の川温泉で料理自慢の宿といえば竹葉新葉亭

竹葉新葉亭

函館の奥座敷といわれる湯の川温泉(ゆのかわおんせん)。開湯は1653年。以来、湯治場として栄え、温泉街の入口には足湯が設けられ、湯けむりに誘われた人々が憩う姿を見ることができます。

今回ご紹介するのは湯の川温泉屈指の高級旅館 竹葉新葉亭(ちくばしんようてい)。竹葉の名のとおり館内の至るところに竹があしらわれています。

客室 客室は、手前にひと部屋、さらに12.5畳の広々した部屋がある数寄屋造りのぜいたくな空間です。純和風のお部屋でゆったりとくつろぐことができます(客室のタイプは 宿泊プラン の中から選べます)

旅の荷をほどいたら湯の川の名湯を楽しみましょう。

大浴場 こちらは大きなガラス張りの窓から日差しが差し込む大浴場。泉質は二酸化炭素を含むナトリウム―塩化物泉。効能も豊かです。

雪見露天風呂 外には露天風呂もあります。冬は雪見の風情を楽しみながらの湯浴みを満喫できます。

会席料理 夕食はお部屋食。もてなしは道内名産の海の幸を集めた豪華な会席料理。味はもちろん盛りつけにも趣向を凝らしています。

キンキ料理 中でもイチバンのおすすめはキンキの柚香漬け(ゆこうづけ)。道内で水揚げされた高級魚・キンキをしょう油ベースの漬け汁にユズを加えて染みこませたもの。香ばしさとユズの香りがたまりません。

アワビの竹皮蒸し こちらは活き蝦夷鮑(えぞあわび)の竹皮蒸し。生きたアワビを宿名の竹葉にちなんで、竹の皮で包んでお酒で蒸し焼きしたもの。身が引き締まった道内産のアワビは口に入れるとほどよい弾力があり、バターとの相性も抜群です。

毛ガニ そして北海道と言えばカニ。食卓に並ぶのはその日の朝に茹でた活き毛ガニ。身がびっしりと詰まっています。

ウニ 効能豊かな名湯と、北海道の山海の美味をふんだんに使った会席料理を心ゆくまで堪能。宿泊客の口コミ評価が高いのもうなずけます。

函館 湯の川温泉 竹葉新葉亭の口コミを見てみる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

賢治

投稿者プロフィール

埼玉県在住。1956年生まれ。自由業。定年前に勢いで会社を辞めて自由人になった還暦おやじ。趣味は中国古典の翻訳。家族五人

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 老神温泉 吟松亭あわしま

    夏休みの尾瀬旅行におすすめの宿|老神温泉 吟松亭あわしま

おすすめ高級宿

  1. ふたり木もれ陽
  2. 奥津荘
  3. 柴山ガニのフルコース

クローズアップ記事

  1. タリア料理ポンテリッコ(東京都足立区新田)

    イタリア料理ポンテリッコ(足立区新田)でランチを食べてきました。

  2. 梅の花 新百合ヶ丘店

    梅の花・新百合ヶ丘店の法事懐石は豆腐しゅうまいが美味しかった。

  3. こだわり料理の温泉宿

    テレ東の温泉グルメ番組で紹介されたこだわり料理の温泉宿

  4. ホテルアンビエント安曇野

    安曇野の宿泊におすすめ!北アルプスの絶景リゾートホテル

ページ上部へ戻る