松江の観光スポットに近い松江しんじ湖温泉のおすすめ宿

皆美館

島根県松江市・宍道湖(しんじこ)の湖畔に面した松江しんじ湖温泉。松江城をはじめ松江の観光スポットにも近くモデルコースを散策するにはおすすめの温泉地です。今回ご紹介するのは、松江しんじ湖温泉の皆美館(みなみかん)。松江の中心にあるので城下町巡りも楽しめます。

外観 皆美館の創業は明治21年(1888年)。小説家・川端康成や彫刻家・棟方志功をはじめ芥川龍之介、直木三十五(なおきさんじゅうご)など、名だたる文人墨客(ぶんじんぼっかくに)愛されてきた老舗旅館です。

客室 上の写真の客室は藤村の間(とうそんのま)。小説家・島崎藤村が息子と宿泊したお部屋です。藤村はそのときのことを『山陰土産』(さんいんみやげ)という本に書いています。

「これはいい宿だ。私と鶏二(けいじ)とは互いにそれを言って、出雲らしい空の見える二階の部屋にくつろいだ」(島崎藤村『山陰土産』より)

客室からの景色 藤村はこの風景が気に入り、宍道湖(しんじこ)の舟遊びを楽しんだといいます。皆美館(みなみかん)には、島崎藤村直筆の書も額に入れられ家宝として飾られています。

温泉 こちらは宍道湖を眺めながら湯浴みが楽しめる展望温泉風呂。源泉は松江しんじ湖温泉。泉質は無色透明・無味無臭。肌にやさしい美肌の湯として親しまれています。さらりとした肌触りが心地よく、ついつい長湯をしてしまいます。

和会食 松江しんじ湖温泉・皆美館の夕食です。もてなしは季節の山陰の恵みがぎっしり詰まった会席料理。まず目につくのが焼き魚・スズキの奉書焼き(ほうしょやき)。殿様に捧げたという松江の名物料理です。

冬の宍道湖で獲れた脂の乗ったスズキに塩を振り、奉書に包んで蒸し焼きに。和紙の香りが独特の風味を生み出します(料理は季節と仕入れによって替わります)

松葉蟹 続いては山陰を代表する冬の味覚・松葉蟹。炭火焼きでいただきます。カニ味噌も香ばしく、お酒に合います(松葉ガニ料理は解禁の11月上旬から翌年2月末まで楽しめます)

料理 松江の郷土料理・十六島(うっぷるい)海苔雑煮もいただけます。お椀の蓋(ふた)を開けると具は海苔だけのお雑煮。ところがこれがおいしいんてす。

十六島海苔(うっぷるいのり)とは島根県出雲市で採れる岩海苔。香りがいいので、ほかの具を入れないほうが海苔の香りがより楽しめるそうです。

和食膳 松江の美味と名湯を心ゆくまで堪能。島崎藤村も称賛したように、松江しんじ湖温泉 皆美館 は、たしかに、いいお宿です。


松江観光モデルコース(松江城巡りなど)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

賢治

投稿者プロフィール

埼玉県在住。1956年生まれ。自由業。定年前に勢いで会社を辞めて自由人になった還暦おやじ。趣味は中国古典の翻訳。家族五人

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 温泉付きコテージ

    夏休みの家族旅行に!安曇野の大自然を満喫できる温泉付きコテージ

夏休み旅行おすすめ宿

  1. ウェルネスの森伊東
  2. 塩原温泉の湯宿

クローズアップ記事

  1. 四万温泉

    四万温泉で化粧水のような美肌の湯が評判の宿といえば豊島屋ですね。

  2. 南紀白浜温泉 海舟

    海が目の前!絶景の混浴露天風呂が楽しめる和歌山県の高級旅館

  3. 源氏香

    母娘旅行におすすめ!知多半島の海山の幸が堪能できる温泉旅館

  4. 下田セントラルホテル

    伊豆の温泉に一泊二日で女一人旅に行くならおすすめはこの宿

ページ上部へ戻る