おひとりさま宿泊プランのある宿|新平湯温泉 藤屋(奥飛騨温泉郷)

新平湯温泉 藤屋

奥飛騨温泉郷へプチ湯治を兼ねて一人旅を計画中。いい宿はありますか? それでしたら新平湯温泉(しんひらゆおんせん)の旅館 藤屋(ふじや)がおすすめです。温泉と冷泉の二本の源泉で温冷交替浴が楽しめて、おひとりさま宿泊プランも用意されています。

外観 新平湯温泉・藤屋(岐阜県高山市奥飛騨温泉郷)へのアクセスは、東京・新宿から平湯温泉まで直行の高速バスで約4時間半。車の場合は長野自動車道・松本ICから約1時間。冬場はスタッドレスタイヤまたはタイヤチェーンの携帯が必要です。

囲炉裏 木のぬくもりあふれる館内には囲炉裏テーブルや壁掛けの古時計など懐かしい家具や雑貨が置かれ昭和の雰囲気が漂います。

客室 客室は全8室。純和風のお部屋はのんびりとくつろげます。一人旅の温泉旅行にはもってこいの雰囲気。トイレは洋式。ウォシュレットも付いています。お部屋でひと息ついたら宿自慢の温泉へ

檜風呂 藤屋は二本の自家源泉を所有。35度の「ぬる湯=冷泉」(炭酸泉)と、70度の高温泉と35度の低温泉を混合した42度の「あつ湯」を源泉100%掛け流しで楽しめます。お風呂は大浴場と貸切露天風呂があります。

温泉マニュアル 「ぬる湯」(炭酸泉)と「あつ湯」(ナトリウム炭酸水素塩泉)を交互に入る「温冷交替浴」で湯治効果が得られます。ぬる湯の炭酸泉は飲泉もできます。一泊二日の滞在でもプチ湯治を体験できます。

百姓座敷 夕食は、築200年の農家の囲炉裏(百姓座敷)をそのまま使った食事処でいただきます。囲炉裏は奥飛騨独特の重厚な柱と梁(はり)。囲炉裏の火は、なんと770年間も燃え続けているという地元・旧家の分火(ぶんか)が使われています。

囲炉裏料理 百姓座敷の囲炉裏を囲んでいただく料理は、奥飛騨の山里の素朴な素材をふんだんに使った「かかさま料理」(おふくろの味)。メインは飛騨牛料理と百姓鍋。

通常は、百姓鍋は鴨鍋になりますが、一人旅宿泊プラン では、百姓鍋は、鴨鍋・地鶏鍋・ぼたん鍋・熊鍋の中からお好きな鍋が選べます。おすすめは熊鍋。ほかではなかなか味わえない逸品です。

ロビー 「ぬる湯」と「あつ湯」のプチ湯治と、百姓座敷の囲炉裏でいただく「かかさま料理」を心ゆくまで堪能。奥飛騨温泉郷・新平湯温泉 藤屋 は、一人旅が満喫できるおひとりさま歓迎の湯宿です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

舞子

投稿者プロフィール

千葉県在住。1982年生まれ。会社員。趣味は編み物。有給休暇を使って温泉一人旅と通販生活を楽しむOL。独身

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 伊豆高原のコテージ

    夏休みに家族でコテージに泊まるなら伊豆高原コテージがおすすめです。

おすすめ高級宿

  1. 皆生温泉・松月
  2. 阿しか里
  3. 津居山蟹

クローズアップ記事

  1. 旅人岬

    西伊豆土肥温泉で評判の宿<頬杖の刻>の料理は創作フレンチが絶品

  2. 別亭一花

    信州・松本浅間温泉の料理自慢の宿といえば別亭一花です。

  3. 海鮮浜焼きまるはま

    バスツアーで海鮮浜焼き食べ放題のまるはまへ。団体特典のアワビが絶品でした。

  4. 大洗あんこう祭

    2017年の大洗あんこう祭は11月19日(日)ガルパンあんこうチームも参加!?

ページ上部へ戻る