飛騨古川で飛騨牛ととらふぐ料理が楽しめる老舗の料亭旅館

八ツ三館

岐阜県・飛騨高山の奥座敷として風情あふれる街並が美しい飛騨古川(ひだふるかわ)。今回ご紹介するのは、JR高山本線・飛騨古川駅から徒歩7分のところにある料亭旅館・八ツ三館(やつさんかん)。創業は安政年間。およそ160年の歴史を誇る老舗旅館です。

外観 明治時代に建てられた本館は、国の登録有形文化財にも指定された飛騨の匠による名建築。玄関を入ると歳月を感じさせる木のぬくもりが旅人を暖かく迎えてくれます。天井の高い飛騨の商家造りを支える飛騨の松の木で造った梁(はり)にも歳月の重みを感じられます。

客室 客室は全21室。ひと部屋ひと部屋趣が異なる造りで、すべてのお部屋が荒城川(あらきがわ)に面しています。上の写真のお部屋は露天風呂付き客室。昭和初期の数寄屋造りの面影を残した落ち着きある和洋室です。

寝室 和モダンに改装された寝室は76平米と広々とした空間。ベッドはシモンズ社製。ぜいたくな空間の中でゆったりとくつろぐことかできます(客室のタイプは 宿泊プラン の中から選べます)

客室露天風呂 こちら(上の写真)は、一枚岩をくり抜いたという御影石(みかげいし)で造られた客室露天風呂。お部屋のお風呂は、飛騨の地下水の沸かし湯。温泉ではありませんが、さらっとした肌触りのよいお湯で、旅の疲れを癒してくれます。

大浴場 館内には、大浴場と野趣あふれる庭園露天風呂もあります。大浴場のお湯は温泉です。泉質は弱アルカリ性単純泉。効能は、神経痛・冷え症・関節痛・五十肩など。

バラ風呂 こちら(上の画像)は、女性限定、女性の大浴場にあるバラの花を浮かべた釜風呂。15時から19時までの間、バラ風呂が楽しめます。

個室料亭 飛騨古川・八ツ三館(やつさんかん)の夕食です。食事は個室の食事処でいただきます。食事処に入ると、飛騨古川で江戸時代から続く和ろうそくでお出迎え。席に着いて部屋の灯りをつけると、目の前には旬の食材を使った彩り豊かな前菜が並んでいます。

前菜 まずは小松菜と鴨の酢味噌和え。続いてクリームチーズを加えてコクを出した玉子豆腐。ワラビやフキなど飛騨の山菜とお持ち昆布のおひたしにも料理人の技が光ります。

飛騨牛のミニステーキ 次は、飛騨牛のミニステーキ・行者にんにく焼き。飛騨と言えば飛騨牛。飛騨牛の旨みを存分に味わってもらおうということから、あえて脂身の少ない肉を使っています。

飛騨とらふぐ造り 続いて登場したのがナントとらふぐ。飛騨のとらふぐのお刺身(薄造り)は、飛騨牛よりも驚かされます。山に囲まれた飛騨古川では、三年の歳月をかけて高級魚のとらふぐ養殖に成功。巨大な水槽でとらふぐを育てているんです。

とらふぐ 飛騨の良質な地下水をフグが産卵する水域の塩分濃度に調整。ストレスをかけないように育てて、おいしい刺身にすることに成功しました。八ツ三館では料理長みずからふぐ調理師免許を取得。新しい飛騨の名物料理として、フグ料理も食卓に並びます(料理は仕入れや宿泊プランによって替わります)

懐石料理 山里の旬と新名物がなんともうれしい夕げの膳。満足できます。

飛騨古川 料理旅館 八ツ三館の口コミを見てみる

賢治

投稿者プロフィール

埼玉県在住。1956年生まれ。自由業。定年前に勢いで会社を辞めて自由人になった還暦おやじ。趣味は中国古典の翻訳。家族五人

この著者の最新の記事

関連記事

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ

ピックアップ記事

  1. 温泉付きコテージ

    夏休みの家族旅行に!安曇野の大自然を満喫できる温泉付きコテージ

アーカイブ

おすすめ高級宿

  1. 定山渓温泉 ぬくもりの宿 ふる川
  2. 天翠茶寮
  3. ニセコ昆布温泉 鶴雅別荘 杢の抄

クローズアップ記事

  1. 伊香保温泉石段街

    伊香保温泉ホテル松本楼の部屋・風呂・料理を写真で紹介

  2. 下関のふぐ旅館

    下関のふぐ旅館に泊まるなら割烹旅館寿美礼がおすすめです。

  3. 南房総・白浜の海鮮料理宿

    厳選いい宿(2015年3月18日)で紹介された南房総・白浜の海鮮料理宿

  4. 裏磐梯の紅葉

    裏磐梯の紅葉旅行におすすめの温泉宿といえば休暇村裏磐梯です。

アーカイブ

ページ上部へ戻る