信州・松本浅間温泉の料理自慢の宿といえば別亭一花です。

別亭一花

東京・新宿からJR特急スーパーあずさで松本へ。松本駅からバスに乗り換え約20分。今回ご紹介する宿は、信州のほぼ中央に位置する浅間温泉(あさまおんせん)にある 別亭一花(べっていいっか)。客室数は全10室。慣れ親しんだ場所のようにくつろげる料理自慢のお宿です。

ワサビ農場 北アルプスのふもと、国宝・松本城がそびえる城下町・松本。わさび田が広がる安曇野や上高地など、周辺には長野県の人気スポットが目白押し。信州ならではの山河の情景が広がり、観光拠点としてもアクセス便利な立地です。

外観 宿に寄り添うようにこの地を守るのが下浅間薬師堂(しもあさまやくしどう)。江戸後期に建てられたもので、この場所が、本州の中央に位置すると言われています。

エントランス 宿に入ると、エントランスでは、屋号の「一花」(いっか)にちなんで生け花が出迎えてくれます。料亭を思わせる趣です。

館内 館内の主要部分はすべて畳敷きなので夏は涼しげ。湯上がりに素足で歩く心地よさを体感できます。

客室 客室の数は全部で10部屋。和室と和洋室があります。こちら(上の写真)は広縁付き和室10畳。広縁も畳になっています。静かにゆったりと過ごせます(客室のタイプは 宿泊プラン の中から選べます)

貸切家族風呂 お風呂は大浴場(男湯・女湯)と貸切家族風呂があります。家族風呂は檜と大理石の二種類(上の画像は檜の貸切風呂)。泉質は美肌効果の高いアルカリ性単純温泉。開放感とともに名湯にたっぷりとひたる。温泉旅行の醍醐味です。

食事処 信州浅間温泉・別亭一花の夕食です。食事は完全個室の食事処でいただきます。掘り炬燵式になっているので年配の宿泊客にも好評です。この道30年。割烹旅館などで腕を磨いてきた料理長が、信州の食材に匠の技を施して、もてなしてくれます。

煮物 煮物は、トマト・うるい・ミョウガなど、信州産野菜を使った炊き合わせ。野菜本来の旨みと甘みが味わえます。

イワナの塩焼き 焼き物として出されるのは、清冽(せいれつ)な川の恵み・岩魚(いわな)。風味を損なわないように、じっくりと焼きあげて、塩焼きにしていただきます。イワナは奉書焼きで出されることもあります。

揚げ物 揚げ物は、松本名物・鶏のもも肉を使った山賊揚げ(さんぞくあげ)と、地野菜のみぞれあんかけ(料理は季節や仕入れ・宿泊プランなどによって替わります)

信州そば 御凌ぎ(おしのぎ)は信州そば。安曇野の本わさびとともにいただきます。

和牛の石焼きステーキ お肉は上質なサシが入った郷土の誉れ・信州プレミアム牛の三角バラ肉とモモ肉を使った石焼きステーキ。こちらも安曇野産・本わさびを添えていただきます。

朝食膳 料理自慢の宿だけあって朝食にもこだわっています。焼き魚は種類が選べ、山菜やりんごの天ぷらなども登場。料理長のセンスのよさが感じられます。

会席料理 地産地消を心がけ、旬の味覚と郷土の逸品を存分に活かした料理の数々。料理自慢の宿。看板に偽りなし。松本浅間温泉 別亭一花(べっていいっか)。満足できるお宿です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

舞子

投稿者プロフィール

千葉県在住。1982年生まれ。会社員。趣味は編み物。有給休暇を使って温泉一人旅と通販生活を楽しむOL。独身

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 北軽井沢ハイランドリゾートホテル

    避暑地で夏を過ごすなら北軽井沢ハイランドリゾートホテルがおすすめです。

おすすめ高級宿

  1. 那須高原 山水閣
  2. 森のスパリゾート北海道ホテル
  3. 琵琶湖ホテル

クローズアップ記事

  1. ひしや寅蔵

    渋温泉で源泉掛け流しのにごり湯が楽しめる宿といえばひしや寅蔵です。

  2. 四万やまぐち館

    四万温泉で美人の湯といえば四万やまぐち館。女将考案の美肌化粧水も評判

  3. プールとバイキングが楽しめるホテル

    夏休みに家族で箱根に泊まるならプールとバイキングが楽しめるこのホテル

  4. 石廊館

    下賀茂温泉に宿泊するなら源泉掛け流しの宿・石廊館がおすすめです。

ページ上部へ戻る