女子旅に!熱海の料理の美味しい宿・熱海TENSUI

熱海TENSUI

東京から東海道新幹線で約50分。相模灘に面したマリンリゾート熱海。今回ご紹介するのは、海を見下ろすマウンテンサイドにあって、2016年の4月にリニューアルオープンした 熱海TENSUI(あたみてんすい)。おしゃれな外観か目を引く女性に人気の和モダンなオーベルジュです。

ロビー 旅先での非日常を演出するエントランスアプローチ。洗練された空間づくりも熱海TENSUIのこだわりです。自然光が差し込む大きな窓をしつらえたラウンジダイニングでは粋なサービスが待っています。

テラス 宿のオリジナルサービスで、ウェルカムにフィンガーフードとドリンクが無料でサービスされます(15時~17時)。リゾート感あふれる開放的なスペースで、しばしくつろいだあとは宿自慢の客室へ。

客室 こちらのお部屋(上の写真)は、障子にも和モダンなデザインを採り入れ、日常との差別化を意識した造りになっています。落ち着いた和室でありながら、華やかさを添え、大切な休日のひとときをもり立ててくれます。お部屋には色浴衣も用意されています。

露天風呂付き客室 露天風呂付き客室も人気です(上の画像)。宿のオリジナルサーヒスでお部屋にある冷蔵庫のドリンク(ビール・サワー・ジュース・ミネラルウォーター)がすべて無料。これはうれしいサービスですね(客室のタイプは 宿泊プラン の中から選べます)

露天風呂 男女別の大浴場は内湯と露天風呂があり、露天風呂は源泉掛け流しになっています。泉質は、カルシウム・ナトリウム―塩化物・硫酸塩温泉。肌にさらりとした感覚で、湯上がり後も爽快感を感じられます。

岩盤浴 貸切岩盤浴も2箇所あり、1回45分間、無料で利用できます(貸切岩盤浴はチェックイン時に要予約・先着順)

前菜 熱海TENSUIの夕食です。料理自慢の宿とあって、ひと品ひと品に料理人のたしかな仕事が感じられる前菜は、彩り豊かな和のあしらい。旬菜はジュレと合わせ、喉ごしがよく、さわやかな味わいです。

お造り お造りは、駿河湾産ヒメダイ・アオリイカ・赤エビなど。伊豆天城産の本わさびをすっていただきます。本わさびならではの風味が、新鮮な海の幸を引き立ててくれます。これぞ名脇役。

吸い物 吸い物は、鱧(ハモ)を使った白玉。出汁(だし)がきして、梅肉と木の芽(きのめ)がアクセントになっています(料理は季節や仕入れによって替わります)

養老豆腐 ゴボウのチップが目を引くのは、鰻(うなぎ)と芋茎(ずいき)の養老豆腐。オクラの餡(あん)がなんとも涼やかです。

強肴 強肴(しいざかな)は、国産牛モモ肉のローストビーフ。なんとおかわり自由。ワゴンサービスで心ゆくまで味わえるローストビーフ。脂身が少なく、旨みのある国産牛のモモ肉を使い、オリジナルブレンドのスパイスでじっくりと焼きあげた熱海TENSUI自慢の逸品(いっぴん)です。

デザート デザートは五感で味わう特製デザート。バターを溶かしたフライパンにオレンジシロップとクレープを合わせます。ここにアルコールを飛ばしたリキュールとオレンジの香りを添えたクレープシュゼット・バニラアイス添え。

クレープ デザートはお客の目の前でつくる粋な演出。女心をくすぐります。

創作和食会席 和と洋を融合させたモダンな創作会席料理。オーベルジュの看板に偽りなし。料理の美味しい宿として熱海TENSUIの料理は幅広い年代の女性に喜ばれています。

熱海温泉 熱海TENSUIの口コミを見てみる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

舞子

投稿者プロフィール

千葉県在住。1982年生まれ。会社員。趣味は編み物。有給休暇を使って温泉一人旅と通販生活を楽しむOL。独身

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 温泉付きコテージ

    夏休みの家族旅行に!安曇野の大自然を満喫できる温泉付きコテージ

夏休み旅行おすすめ宿

  1. グランビュー岩井
  2. プールとバイキングが楽しめる那須のホテル

クローズアップ記事

  1. 白壁荘

    天城湯ヶ島温泉でわさび鍋が名物料理の老舗旅館といえば白壁荘です。

  2. 横浜スタジアムに近いホテル

    横浜スタジアムに近いホテル【徒歩1分】ホテル横浜ガーデン

  3. ホテルアンビエント安曇野

    安曇野の宿泊におすすめ!北アルプスの絶景リゾートホテル

  4. ホテル松葉川温泉

    四万十の秘境に佇む一軒宿<秋は紅葉が見事>ホテル松葉川温泉

ページ上部へ戻る