自家源泉掛け流しの温泉と医食同源会席が評判!箱根の老舗旅館

ますとみ旅館

新宿から小田急ロマンスカーで約1時間30分。開湯から1,200年もの歴史を刻む箱根湯本温泉(はこねゆもとおんせん)。今回ご紹介するのは、清らかな流れを見せる早川(はやかわ)のほとり、箱根の玄関口・箱根湯本駅から歩いて 5分ほどのところに建つ、ひなびた風情の ますとみ旅館。いかにも老舗のたたずまいです。

看板

大正14年(1925年)に創業したますとみ旅館。初代館主の増次(ますじ)さんと女将の富美(とみ)さんの名前を合わせて宿の名に。以来、箱根塔ノ沢(とうのさわ)に通じる旭橋(あさひばし)のたもとで、行き交う旅人に親しまれてきました。

館内

暖簾(のれん)をくぐると昔ながらの土間。古きよき時代の温泉宿の趣を今に伝えています。館内はどこか懐かしく温かみを感じさせます。

客室 昔ながらの温泉旅館の雰囲気を残しつつ、お部屋は快適な空間にリニューアルされています。客室は全9室。和室・洋室・和洋室。露天風呂付き客室もあります(客室のタイプは 宿泊プラン の中から選べます)

内湯 ますとみ旅館の自慢はなんと言っても温泉です。箱根湯本温泉を何度も訪ねたことのある方でも「こんなにいい温泉があったんだ」と驚くという満足感が得られる自家源泉です。

貸切風呂 お湯は自家源泉100%掛け流し。天候によって多少温度が変わるのは天然温泉だからこそ。一回5分から10分ほどの入浴で、体の芯から温まり、美肌効果も感じられます。

食事処

箱根湯本温泉ますとみ旅館の夕食です。食事処は地下にあるかつての蔵を改装した空間で、趣があります。重厚な梁(はり)や柱はそのままに、モダンな雰囲気をかもし出した食事処。古民家風の仕切られた空間で、ゆったりとくつろぎながら食事を楽しめます。

会席料理 ますとみ旅館の料理は健康をもたらす医食同源(いしょくどうけん)をモットーにしています。料理に使われる野菜は、地元の契約農家から仕入れた無農薬・有機栽培のもの。土の香りがする朝採りのみずみずしさにもこだわっています。まさに体にやさしいもてなし。

医食同源会席 シャキシャキとした食感が身上の野菜の揚げ豆腐。新鮮な野菜を使っているのでひと味違います。止肴(とめざかな)は塩煮豚とカブの炊き合わせ。上品に塩で煮た豚肉にはカブを使っているので奥の深い旨みが味わえます。

豚肉のしゃぶしゃぶ ますとみ旅館の名物は鹿児島産黒豚のしゃぶしゃぶ。食材は地元のもののみならず、全国からこれはと思うものを選りすぐって取り寄せています。上質な鹿児島産の黒縁はヘルシーで肉本来の旨みを堪能できます。

自家源泉を持つ宿とあって厨房にも温泉が引かれています。しゃぶしゃぶにも源泉を使うところが名物たるゆえん。ミネラルも豊富です(料理は季節や仕入れによって替わります)

会席膳 医食同源をモットーに体にやさしい宿のもてなし。箱根湯本温泉ますとみ旅館。温泉・料理・サービス…どれも期待を裏切りません。

箱根湯本温泉ますとみ旅館の口コミを見てみる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

真由美

投稿者プロフィール

埼玉県在住。1972年生まれ。主婦。水泳選手だったころの体型とは別人になったママ。趣味はカラオケ。家族四人

この著者の最新の記事

関連記事

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ

ピックアップ記事

  1. 割烹の宿 大観荘

    夏休みの母娘旅行におすすめ!海鮮料理が自慢の東伊豆の温泉宿

アーカイブ

おすすめ高級宿

  1. 延楽
  2. 海石榴(つばき)
  3. 清流山水花 あゆの里

クローズアップ記事

  1. 西村屋本館

    一度は泊まりたい宿<関西>城崎温泉の老舗旅館・西村屋本館

  2. 箱根湯宿 然

    母娘で箱根に温泉旅行に行くなら泊まるのはこの宿がおすすめです。

  3. 津居山ガニ

    城崎温泉で津居山ガニを食べるなら三木屋がおすすめです。

  4. 草庵 秋桜

    熟年夫婦旅行に!創作懐石料理が評判の由布院の温泉宿

アーカイブ

ページ上部へ戻る