南魚沼で温泉と郷土料理が楽しめる話題の湯宿・里山十帖

里山十帖(南魚沼市)

上越新幹線・越後湯沢駅から在来線に乗り換え大沢駅へ。大沢駅から送迎車で約5分。車の場合は関越自動車道・塩沢石打ICから約10分。今回ご紹介するのは新潟県南魚沼市にある大沢山温泉・里山十帖(さとやまじゅうじょう)。築150年の古民家を新築同様以上に大改造。平成26年(2014年)にオープンした話題の湯宿です。

エントランス 南魚沼は全国でも名高い豪雪地帯。雪に耐えるため柱や梁(はり)も重厚。館内には世界の名作チェアやアート作品も展示されています。

客室 客室は全12室。上の写真は露天風呂付きのお部屋。メゾネットタイプで1階がリビングと客室露天風呂。お湯は天然温泉です。

ベッドルーム 2階はベッドルーム。窓の正面には上信越国境の山々が望めます。暮らすように過ごせるお部屋です(客室のタイプは 宿泊プラン の中から選べます)

露天風呂 お風呂は大浴場と露天風呂。森に囲まれた露天風呂は、旅のプロ30人が選んだ最高の温泉。湯船につかると、日本百名山のひとつ巻機山(まきはたやま)をはじめ2,000メートル級の山々が眺められます。

冬の露天風呂 お風呂の源泉の大沢山温泉(おおさわやまおんせん)は湯の花が舞う美肌の湯。つるつるとろりと肌をやさしく包んでくれます。

早苗饗 南魚沼・里山十帖の夕食です。もてなしは「早苗饗」(さなぶり)と呼ばれる郷土料理。早苗饗(さなぶり)とは、田植えのあとに、その年の豊作を祈るのと同時に田植えを手伝ってくれた人々をもてなす饗応(きょうおう)のこと。

山の恵み 蒸し里芋・雑穀とイラクサのサラダ・タコの柔らか煮・妻有(つまり)ポークのグリル…。大皿に山の恵みと海の恵みを盛り付け、みんなで分け合います。

ご飯 南魚沼といえばお米。山の湧き水と土鍋を使って炊かれたお米はもちっと粘りのある炊きあがりが特徴。蒸らす前のご飯「煮えばな」もひとくちいただけます。煮えばなは、炊きたての香り、水とお米の味が際立ちます。そして10分蒸らせば美味しいご飯の完成です。つやつやでふっくら。ひと粒ひと粒が立っています。

朝の露天風呂 翌朝、少し早起きして露天風呂へ。絶景露天風呂ランキングで1位を獲得した景観は息を飲むほどの美しさ。暮らしてみたい南魚沼。青く連なる山並みを眺めていると、去りがたい思いにかられます。

南魚沼 里山十帖の口コミを見てみる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

賢治

投稿者プロフィール

埼玉県在住。1956年生まれ。自由業。定年前に勢いで会社を辞めて自由人になった還暦おやじ。趣味は中国古典の翻訳。家族五人

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. バイキングの宿

    バイキングの宿に家族で宿泊するなら鬼怒川温泉のあさやがおすすめです。

料理が評判の宿

  1. 島根県のカニ宿 玉造温泉・白石家
  2. きらら温泉 水月花
  3. あんこう鍋

クローズアップ記事

  1. 草庵 秋桜

    熟年夫婦旅行に!創作懐石料理が評判の由布院の温泉宿

  2. 八ヶ岳ホテル風か

    夏休みを避暑地で過ごすなら八ヶ岳ホテル風かがおすすめです。

  3. 登別温泉郷 滝乃家

    料理自慢の宿|北海道 登別温泉郷 滝乃家を写真と動画で紹介

  4. つるや吉祥亭

    東伊豆・つるや吉祥亭の甘酒横丁や天ぷら食べ放題の夕食などを画像で紹介

ページ上部へ戻る