土肥温泉で海一望の絶景と料理が評判の宿<新・海花亭いずみ>

新・海花亭いずみの料理

東京からJR特急踊り子号で修善寺へ。修善寺からバスに乗り換え約55分。駿河湾を望み、のどかな景色が広がる西伊豆・土肥温泉(といおんせん)。今回ご紹介するのは、2016年にリニューアルオープンして評判を呼んでいる 新・海花亭いずみ(しん・かいかていいずみ)。潮騒も聞こえる絶景と料理が自慢の海辺の宿です。

ロビー

もてなしの心が伝わってくる落ち着いた雰囲気のロビー。これからのひとときに期待が高まります。

客室 こちら(上の写真)は露天風呂付き客室。窓からは駿河湾を一望。海に沈む夕日の美しさは西伊豆・土肥温泉ならでは。やさしく琴線(きんせん)に触れる旅の空。いつまでも心に残る光景です。

客室露天風呂 客室の露天風呂は広々とした檜造りでオーシャンビュー。ここから眺める夕日もまた格別。土肥の名湯をひとり占めできます。客室の露天風呂も2016年の夏にリニューアルしたばかりなので檜(ひのき)の香りも馥郁(ふくいく)たるもの。お湯は源泉掛け流しの天然温泉です(客室のタイプは 宿泊プラン の中から選べます)

露天風呂

大浴場と露天風呂からの眺望も海辺の宿ならではの絶景(上の画像は露天風呂)。潮風に吹かれながら眺める夕日に心も体も癒されます。

前菜 新・海花亭いずみの夕食です。2016年の6月に新しい総料理長を迎え、料理の宿としての一歩を踏み出しました。総料理長がみずから足を運び、選りすぐった食材が、匠の技と想像力とで、おいしい料理となって食卓を彩ります。前菜は潮かつおの挟み大根・伊豆鹿の塩麹焼き・車エビの塩茹でなど。

お造り 土肥の魅力はなんと言っても海の幸。駿河湾産シロムツ・トビウオ・キンメダイ・イサギ…。お造りは、その日に仕入れた飛びきり新鮮な地魚が、あれこれたっぷりと盛り込まれています。

揚げ物 揚げ物は金目鯛の天ぷら。キンメダイの天ぷらというのは珍しいですね。衣はカラッと身はふわふわ。食感も楽しめる逸品です。

茶碗蒸し 新・海花亭いずみの総料理長は、銀座の料亭でミシュランの星を4年連続で獲得した腕利き。土肥の食材に惚れ込み、地産地消を心がけながら自慢の腕を振るっています。

強肴 強肴(しいざかな)は、ひとくち和牛の香り焼きとカマスの掛け焼き。ソースは青じそのソースでいただきます(料理は季節や仕入れによって替わります)

会席料理 これぞ技あり。極上のもてなしです。土肥温泉の新・海花亭いずみ。駿河湾に沈む夕日と伊豆の新鮮な海山の幸を堪能。満足できます。

土肥温泉 新・海花亭いずみの宿泊プランを見てみる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

真由美

投稿者プロフィール

埼玉県在住。1972年生まれ。主婦。水泳選手だったころの体型とは別人になったママ。趣味はカラオケ。家族四人

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 温泉付きコテージ

    夏休みの家族旅行に!安曇野の大自然を満喫できる温泉付きコテージ

おすすめ高級宿

  1. 円かの杜
  2. 箱根仙石原 料亭旅館 いちい亭
  3. 下賀茂温泉 南楽

クローズアップ記事

  1. サンライズ九十九里

    九十九里の宿泊施設で子連れ旅行におすすめはサンライズ九十九里ですね。

  2. ホテル木曽路

    南木曽温泉に宿泊するなら露天風呂が自慢のホテル木曽路がおすすめです。

  3. 松葉ガニのフルコース

    城崎温泉西村屋の蟹(かに)料理を画像で紹介

  4. 青い温泉

    青い温泉|大分県 由布院温泉 奥湯の郷

ページ上部へ戻る