名物おざんざなど創作料理が評判!大町温泉郷の古民家の宿・河昌

あずみ野 河昌

東京から新幹線あさまで長野へ。長野からバスに乗り換え約1時間15分。今回ご紹介するのは安曇野の山麓に抱かれた大町温泉郷にある古民家の宿・あずみ野 河昌(あずみの かわしょう)。名物おざんざなど創作料理が評判のお宿です。

ロビー 館内は、張り巡らされた太い梁(はり)が趣ある古民家のたたずまい。安曇野地方の伝統的な本棟造り(ほんむねづくり)を踏襲しています。

客室 2,200坪の敷地に客室は全部で10室。客室に入ると手前に小さな茶室。その奥には広々とした12畳あまりの空間が。朱塗りの座卓が鮮やかです。広縁からは美しい日本庭園の風景を楽しめます。

檜風呂 お部屋には半露天の檜のお風呂も用意されています(客室のタイプは 宿泊プラン の中から選べます)

大浴場 こちら(上の写真)は大浴場。石と木が組み合わされた風情ある湯船。湯量豊富な大町温泉を24時間、源泉掛け流しで満喫できます。泉質は単純温泉。効能は神経痛・筋肉痛・五十肩など。

食事処 夕食は食事処で。前菜は、素揚げしたきのこと大根おろしをからめたきのこおろし。八寸には、幻のきのこと言われるコウタケ、信州サーモンのマリネ、栗の甘煮などがいただけます。

イワナのお造り 続いてはイワナのお造り。河昌では生きたイワナを仕入れ、10日間ほど北アルプスの清らかな水で泳がせたあと活き作りにしています。川魚には独特のぬめりがあるので、冷水で洗ってから盛り付けていきます。清流を思わせるさわやかな風味が魅力です。

イワナのワタ焼き イワナ料理はもう一品。イワナの身や内臓・骨などを砕いてミンチにし、石の上で焼きあげるワタ焼き。濃厚な味わいでお酒が進みます(料理は季節や仕入れによって替わります)

おざんざ こちら(上の画像)は宿の名物おざんざ。おざんざとは、塩をいっさい使わずに、納豆の糸をつなぎに用いて、地の卵などと練り上げた乾麺のこと。つるつるシコシコの食感が口の中に幸せを運んでくれます。

地元の幸にひと手間加えた創意工夫あふれる料理の数々。地酒やワインの銘柄も豊富にそろっています。大町温泉郷 あずみ野 河昌。信州の美味と名湯を堪能できます。

大町温泉郷 あずみ野 河昌の宿泊プランを見てみる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

賢治

投稿者プロフィール

埼玉県在住。1956年生まれ。自由業。定年前に勢いで会社を辞めて自由人になった還暦おやじ。趣味は中国古典の翻訳。家族五人

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 白樺ファミリーランド

    白樺ファミリーランドのフリーパス付き宿泊プランのあるホテル

夏休み旅行おすすめ宿

  1. 塩原温泉の湯宿
  2. 八ヶ岳の高原リゾート
  3. 夏休みの赤ちゃん旅行

クローズアップ記事

  1. 旅館たにがわ

    谷川岳散策ツアーの宿泊先におすすめしたい温泉旅館

  2. 芦原の宿 八木

    福井県あわら温泉で泉質のいい源泉と料理が楽しめるおすすめ宿

  3. 九州で炭酸泉の赤湯と白湯が楽しめる日本秘湯を守る会の宿

  4. 箱根の犬と泊まれる宿

    そうだ旅に行こう(2015年1月27日)で放映された箱根の犬と泊まれる宿

ページ上部へ戻る