裏磐梯の紅葉旅行におすすめの温泉宿といえば休暇村裏磐梯です。

裏磐梯の紅葉

東京から東北新幹線で郡山へ。郡山からJR磐越西線に乗り換え約45分。磐梯山(ばんだいさん)や安達太良山(あだたらやま)に囲まれた福島県の高原・裏磐梯(うらばんだい)。秋には燃え立つような紅葉に覆われ、さながら一幅の絵のような美しさに。

五色沼の紅葉 桧原湖(ひばらこ)をはじめ五色沼(ごしきぬま)や曲沢沼(まがりさわぬま)など紅葉の名所も数多くあります。紅葉の見頃は、桧原湖が10月中旬から下旬、五色沼が10月下旬から11月上旬、曲沢沼は10月中旬から下旬

外観 今回ご紹介するのは、休暇村 裏磐梯(きゅうかむら うらばんだい)。雄大な国立公園の真っ只中にある瀟洒(しょうしゃ)な宿です。まわりには桧原湖や五色沼といった人気の紅葉スポットもありますので、裏磐梯の紅葉旅行の拠点としても便利な温泉リゾートです。

ロビー ロビーラウンジの正面に見えるのは会津の誉れ磐梯山。険しくも美しいその雄姿は四季折々、見る者の心を魅了してやみません。豊かないで湯ももたらす宝の山です。

和室 洋室 高原リゾートを満喫するには格好の休暇村裏磐梯。部屋数は60。和室と洋室があります(上の写真が和室・下の写真が洋室)。お部屋の窓からは会津磐梯山が一望できます(客室のタイプは 宿泊プラン の中から選べます)

朝の散歩会 宿のオリジナルサービスで「裏磐梯おはようウォーキング」にも無料で参加できます(5月中旬~11月中旬)。すがすがしい空気に包まれリフレッシュ。宿のスタッフがガイドをしてくれます。

露天風呂 お部屋でひと息ついたら温泉へ。極上のにごり湯が待っています。上の画像は露天風呂。泉質はナトリウム・カルシウム―硫酸塩・炭酸水素塩泉。色は茶褐色で、うっすらと濁っています。鉄分が含まれているので体の芯まで温まります。

会席料理 休暇村裏磐梯の夕食です。旬のものをあしらった会席の膳。鮮やかな彩りで食欲もそそられます。秋の季節の吸い物は松茸の土瓶蒸し。秋の味覚まつたけの香りとともに味わう出汁(だし)のきいたツユは五臓六腑(ごぞうろっぷ)に染み渡る旨さです。

こづゆ 会津の郷土料理「こづゆ」も食卓に並びます。朱塗りの器に盛られ、正月など晴れの席には欠かせないもの。具たくさんで滋養満点です。

米沢牛 鍋物は、A4ランク米沢牛のすき焼き。美しい霜降りが特徴の米沢牛は口のなかでとろけます。松茸の土瓶蒸しや米沢牛のすき焼き。食欲の秋にはもってこい。旅の楽しみがぐっと広がります(食事は季節や宿泊プランによって変わります)

休暇村裏磐梯の宿泊プランを見てみる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者プロフィール

神奈川県在住。1973年生まれ。会社員。ゴルフとスーパー銭湯が大好きな中間管理職。休みがとれないのが悩みの種。家族四人

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 熱川館

    海水浴場が目の前の宿<幼児無料>熱川温泉・熱川館

料理が評判の宿

  1. 大洗 ホテルのどぶ汁
  2. きらら温泉 水月花

クローズアップ記事

  1. 箱根湯本の絶景宿

    箱根湯本の絶景がひとり占めできる創作料理が自慢の温泉旅館といえば?

  2. 湖山亭うぶや

    女子旅に!全客室から富士山が見える河口湖畔の高級温泉旅館

  3. 貸切湯の宿ことね

    こんぴら参りの宿泊先に!6種類の貸切風呂が楽しめる琴平町の宿

  4. 大宮盆栽美術館

    大宮盆栽美術館(埼玉県さいたま市)に行ってきました。

ページ上部へ戻る