鬼怒川温泉に宿泊するなら景色と料理が評判の旅館・山楽がおすすめです。

鬼怒川温泉山楽

浅草から東武特急スペーシアで約2時間。渓谷に開けた風情ある湯処・鬼怒川温泉(きぬがわおんせん)。今回ご紹介するのは、鬼怒川のほとりにそびえ立つ 山楽(さんらく)。贅(ぜい)を極めて粋(いき)を愛でる鬼怒川温泉の名旅館です。

エントランスロビー 万華鏡の世界観をイメージした江戸情緒漂うエントランスを通り抜けると鬼怒川の絶景が見渡せるロビーが出迎えてくれます。趣ある渓谷美に癒されます。

客室 部屋数は47。全室、渓谷側にあります。上の写真は本間10畳・前室6畳・次の間6畳の三間(みま)タイプの和室。定員6名まで宿泊できます(客室のタイプは 宿泊プラン の中から選べます)

紅葉の鬼怒川 11月上旬から11月中旬にかけては鬼怒川の紅葉を客室から愛でることができます。冬は雪景色。四季折々、訪れるたびに感動を与えてくれます。

檜風呂 お風呂は男女それぞれ二種類の内風呂と、外には総檜造りの露天風呂があります。泉質はアルカリ性単純温泉。とくに総檜造りの露天風呂は木の感触がやわらかく、贅沢な湯浴みが楽しめます。いで湯はまさに心のオアシス。

お休み処 お休み処では、15時から18時までの時間、ワンドリンクの無料サービスがあります。湯上がりには最高です。

前菜 鬼怒川温泉山楽の夕食です。目にも鮮やかな創作会席でもてなしてくれます。

お刺身 お刺身は三種盛り。本マグロ・ヒラメ・甘エビ…。土佐じょう油でいただきます(お刺身の種類は季節や仕入れによって替わります)

碗物 碗物(わんもの)は、きのこがたっぷり入った土瓶仕立て。利尻昆布(りしりこんぶ)などから取った出汁(だし)が染み渡り、見も心もほっこり。

とちぎ和牛 地元のほまれ・とちぎ和牛。上質なサシの入った最上級A5ランクの選りすぐりを陶板焼きでいただきます。濃厚な肉の旨みが口の中いっぱいに広がる贅沢。これはたまりません。

創作会席 もてなしの心が込められた鬼怒川温泉山楽の創作会席。どれも逸品ぞろいです。口コミ評価も高得点。鬼怒川温泉に宿泊するなら山楽はおすすめの旅館です。

鬼怒川温泉山楽の口コミを見てみる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

賢治

投稿者プロフィール

埼玉県在住。1956年生まれ。自由業。定年前に勢いで会社を辞めて自由人になった還暦おやじ。趣味は中国古典の翻訳。家族五人

この著者の最新の記事

関連記事

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ

ピックアップ記事

  1. 伊豆高原のコテージ

    夏休みに家族でコテージに泊まるなら伊豆高原コテージがおすすめです。

アーカイブ

おすすめ高級宿

  1. 粟津温泉 法師
  2. 椎葉山荘
  3. 箱根仙石原 料亭旅館 いちい亭

クローズアップ記事

  1. ホテル椿野

    長野で絶景の露天風呂が自慢の宿といえば湯田中温泉のこの湯宿

  2. キャメルホテルリゾート

    南房総・御宿の人気ゴルフ場宿泊施設キャメルホテルリゾート

  3. 戸田温泉 今宵

    西伊豆の戸田温泉でおすすめの宿といえば料理が評判の西伊豆今宵ですね。

  4. テレビで紹介された南伊豆の湯宿

    厳選いい宿(テレビ東京)で紹介された南伊豆の極上温泉旅館

アーカイブ

ページ上部へ戻る