天城湯ヶ島温泉でわさび鍋が名物料理の老舗旅館といえば白壁荘です。

白壁荘

東京からJR特急踊り子号で修善寺へ。修善寺から新東海バスに乗り換え約30分。伊豆半島・天城山中の湯ヶ島温泉(ゆがしまおんせん)。湯ヶ島温泉といえば、石川さゆりさんの名曲『天城越え』が生まれた地。歌詞に登場する浄蓮の滝(じょうれんのたき)は落差およそ25メートル。幽玄なる名瀑(めいばく)です。

渡り廊下 今回ご紹介するのは 伊豆・天城湯ヶ島温泉 白壁荘(しらかべそう)。創業からかれこれ62年。狩野川(かのがわ)のほとりに建つ趣ある老舗旅館です。

白壁荘は石川さゆりの名曲『天城越え』が生まれた宿としても知られています。


昭和60年(1985年)に、作詞家・吉岡治(よしおかおさむ)作曲家・弦哲也(げんてつや)桜庭伸幸(さくらばのぶゆき)の三人が白壁荘に宿泊して『天城越え』を製作。白壁荘には吉岡治直筆の歌詞も展示されています。


客室

作家・井上靖(いのうえやすし)も常宿としていたことでも知られる白壁荘。部屋数は25。こちら(上の写真)は新館の特別室。広縁付き本間12.5畳+次の間4.5畳。民芸調でありながらどこかモダンな雰囲気も感じられます。


内湯

お部屋の内風呂は源泉掛け流し。泉質はカルシウム・ナトリウム硫酸塩泉。神経痛・糖尿病・リウマチなどに効能があると言われています(客室のタイプは 宿泊プラン の中から選べます)


巨石風呂

こちらは白壁荘の名物・巨石露天風呂。28年前、増改築の工事中に掘り出されたのが天城山の溶岩の一部とみられる巨大な石。重さはおよそ53トン。これが湯船になっています。ひとつの石で造られた風呂としては日本一の大きさだそうです。こんこんと湧く湯ヶ島の名湯を源泉掛け流し。日ごろの疲れを流してくれます。


会席料理

伊豆湯ヶ島温泉・白壁荘の夕食です。もてなしはワサビを使った会席料理。湯ヶ島温泉のある天城は全国でも有数のワサビの生産地。水深い自然の中、清冽(せいれつ)な水にさらされ、手塩にかけられて育ったワサビは旨みに加えて甘みもあるんです。季節を問わず、一年中いただけるのもうれしいですね。


わさびパスタ

こちら(上の画像)は白壁荘の女将が考案した「わさびパスタ」。ワサビの葉っぱにパスタをはさんでいただきます。そのほか、宿特製の「わさびパン」もいただけます。天城名産のわさびを使ったオリジナル料理のひとつ。パンに添えて出されるのは、わさび漬けにクリームチーズを和えたもの。わさびとチーズの相性も抜群です。


鮎の塩焼き

焼き物は鮎の塩焼き。宿の前を流れる狩野川の鮎は、駿河湾の海水から作られる戸田塩(へだしお)を使い、ほどよく焼きあげています。風味豊かな鮎の塩焼きです。


わさび鍋

そして白壁荘の名物料理・わさび鍋。丸ごと一本すりおろしたワサビが、地元の特産・天城軍鶏(あまぎしゃも)に豊かな風味と旨みを添えてくれます。


会席膳

天城湯ヶ島温泉・白壁荘オリジナルのわさび料理。一度食べればやみつきとか。

天城湯ヶ島温泉 白壁荘の口コミを見てみる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

賢治

投稿者プロフィール

埼玉県在住。1956年生まれ。自由業。定年前に勢いで会社を辞めて自由人になった還暦おやじ。趣味は中国古典の翻訳。家族五人

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 上諏訪温泉 渋の湯

    夏休みに毎日花火が見える諏訪湖畔の宿といえば上諏訪温泉の渋の湯です。

料理が評判の宿

  1. 宮島で牡蠣料理が評判のホテル
  2. あわら温泉 清風荘 カニ会席
  3. 若狭ふぐのフルコース

クローズアップ記事

  1. 山荘 天の里

    フレンチと和食の創作料理が評判!和歌山県かつらぎ町の一軒宿

  2. あずみ野 河昌

    名物おざんざなど創作料理が評判!大町温泉郷の古民家の宿・河昌

  3. 秀峰閣湖月

    五月みどり母娘が旅番組で宿泊した富士山が見える河口湖畔の宿

  4. さいたま市桜区のインド料理店ヤムナでランチを食べてきました。

ページ上部へ戻る