アド街ック天国で紹介された北茨城の温泉宿<2016年12月3日放映>

北茨城の温泉宿

2016年12月3日(土)に放映された『アド街ック天国』(テレビ東京)は「北茨城」(きたいばらき)。ゲストは茨城県出身のアーティスト・石井竜也さん、タレントの磯山さやかさん、俳優の渡部豪太(わたべごうた)さん。番組の中で紹介された、あんこう料理と絶景が自慢の北茨城の温泉宿をご案内します。

陶器風呂 意外と知られていませんが、北茨城は七つの源泉を有する温泉の宝庫。北茨城温泉郷(きたいばらきおんせんきょう)と呼ばれる◇平潟港温泉(ひらかたこうおんせん)◇友の湯温泉(とものゆおんせん)◇湯の網温泉(ゆのあみおんせん)◇五浦温泉(いつうらおんせん)◇うぐいす谷温泉(うぐいすだにおんせん)◇磯原温泉(いそはらおんせん)◇中郷温泉(なかごうおんせん)――と、小さいながらも多彩な温泉が楽しめます。

あんこうコラーゲン風呂 平潟港(ひらかたこう)近くにある平潟港温泉の まるみつ旅館 は、七つのお湯が揃う温泉パラダイス。なんと露天風呂は、あんこうのコラーゲン入り。そのほか、深さ165センチの立ち湯や泥湯・海藻風呂・畳風呂・炭酸風呂・御影石風呂など変わり湯が多彩。名物の「あんこうどぶ汁」もいただけます。

展望露天風呂 続いては、北茨城唯一のリゾートホテルを謳う磯原温泉・磯原シーサイドホテル 。全室オーシャンビューで北茨城の観光名所・二ツ島(ふたつしま)が目の前。ホテル最大の自慢は屋上にある海一望の絶景露天風呂。夜はライトアップされた幻想的な二ツ島を眺めながらの湯浴みが楽しめます。

赤褐色のにごり湯

三軒目の温泉宿は、のどかな里山にある湯の網温泉・鹿の湯松屋(しかのゆまつや)。大正ロマンただよう浴室で、北茨城市内でもここだけの赤褐色(あかかっしょく)の湯につかれます。はるか昔、森の鹿が傷を癒したとされる鉄分豊富な伝説の霊泉。温泉通好みの隠れた名湯です。

としまや月浜の湯

四軒目のお宿は、海を臨む絶景のロケーションが人気の磯原温泉・としまや月浜の湯(つきはまのゆ)。茨城出身の石井竜也さんも自身が監督した映画「河童」(かっぱ)の撮影の折に滞在。何度も湯につかり構想を練ったそうです。

そして北茨城といえば鮟鱇(あんこう)。「鍋の横綱、西のフグ、東のアンコウ」と並び称されている高級魚です。茨城出身のタレント・磯山さやかさんが北茨城の「あんこう鍋」をレポートしている動画がYouTubeにアップされていますのでご紹介します。


北茨城へのアクセスは、都心から車なら常磐自動車道を通っておよそ2時間半。北茨城インターチェンジが玄関口です。東京方面から電車の場合は、上野からJR常磐線特急で約2時間です。

あんこう料理と泥湯で肌がつるつるになる北茨城の宿
あんこう料理がフルコースで楽しめる北茨城のホテル
あんこう鍋の宿に泊まるなら北茨城市のまるみつ旅館
磯原シーサイドホテルの露天風呂とあんこう鍋を写真で紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

賢治

投稿者プロフィール

埼玉県在住。1956年生まれ。自由業。定年前に勢いで会社を辞めて自由人になった還暦おやじ。趣味は中国古典の翻訳。家族五人

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 上諏訪温泉 渋の湯

    夏休みに毎日花火が見える諏訪湖畔の宿といえば上諏訪温泉の渋の湯です。

夏休み旅行おすすめ宿

  1. 八ヶ岳ホテル風か
  2. ホテルサンバレー那須
  3. 池の平ホテル

クローズアップ記事

  1. 間人蟹

    丹後半島で間人蟹のフルコースが評判の温泉旅館といえば炭平です。

  2. 養老の滝

    濃尾平野の夜景と飛騨牛づくし料理が楽しめる養老温泉の小さな宿

  3. 子宝の湯

    宝川温泉の汪泉閣は混浴でも有名ですが子宝温泉としても知られています。

  4. こんぴら温泉 華の湯 紅梅亭

    女子旅で讃岐のこんぴらさんに行くなら宿は紅梅亭がおすすめです。

ページ上部へ戻る