会津東山温泉で雪見ろうそくが見られる人気の宿といえば向瀧です。

向瀧

会津東山温泉に宿泊します。雪見ろうそくが見られる宿があると聞いたのですが何という旅館でしょうか? それでしたら 向瀧(むかいたき)ですね。毎年12月下旬から2月下旬にかけて雪見ろうそくが見られます。

外観 向瀧の創業は明治6年(1873年)。山の斜面を利用して橋のたもとに造られた文化財の木造建築。もともとは会津藩の保養所でした。

客室 客室は全24室。こちら(上の写真)は離れの間・特別室。三つの座敷が続くこのお部屋。皇族や著名人が滞在したそうです。鴨居(かもい)には、福島出身の野口英世(のぐちひでよ)が書き残した書も飾られています(客室のタイプは 宿泊プラン の中から選べます)

きつね湯 向瀧の自慢は温泉。源泉100%のお湯にこだわり加水も加温もいっさい行なっていません。上の画像は「きつね湯」。お湯はかなり熱めです。会津藩の保養所だった当時、向瀧は「きつね湯」と呼ばれていたそうです。

料理 会津東山温泉・向瀧の夕食です。食事はお部屋食。会津の郷土料理でもてなしてくれます。

こづゆ まずは伝統のお椀・こづゆ。江戸時代、贅沢品だった貝柱の上品な出汁で、会津の野菜を炊いています。

鯉の甘煮 続いては、会津藩の家老が生んだ鯉の甘煮。会津の魚料理の中で、いちばん格の高い料理です。鯉の甘煮はめでたい席にも欠かせません。

雪見ろうそく 夕食のあとは冬の名物・雪見ろうそく。中庭の雪の上で約100本のろうそくが揺れています。冬だけに咲く大きな花です。お部屋から雪見ろうそくを見るなら中庭向き和室がおすすめです(予約で埋まってしまうことが多いです)。中庭向き和室は宿泊プランの中から選べます。

会津東山温泉 向瀧の宿泊プランを見てみる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

賢治

投稿者プロフィール

埼玉県在住。1956年生まれ。自由業。定年前に勢いで会社を辞めて自由人になった還暦おやじ。趣味は中国古典の翻訳。家族五人

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 上諏訪温泉 渋の湯

    夏休みに毎日花火が見える諏訪湖畔の宿といえば上諏訪温泉の渋の湯です。

夏休み旅行おすすめ宿

  1. オナーズヒル軽井沢
  2. 高原リゾート
  3. 割烹の宿 大観荘

クローズアップ記事

  1. プールとバイキングが楽しめるホテル

    夏休みに家族で箱根に泊まるならプールとバイキングが楽しめるこのホテル

  2. 中伊豆の老舗旅館

    女子旅におすすめ!メタケイ酸の美肌温泉が堪能できる中伊豆の老舗旅館

  3. 女子旅に!伊豆高原でフレンチが評判の温泉リゾートホテル

  4. 北茨城の温泉宿

    アド街ック天国で紹介された北茨城の温泉宿<2016年12月3日放映>

ページ上部へ戻る