釣りキンメをいただいたので煮付け・アラ汁・刺し身にして食べました。

釣りキンメ

先日、埼玉県越谷市にあるお蕎麦屋さん「久伊豆」(ひさいず)で 金目鯛の天ぷら を食べて感動したところ、今度は釣りが趣味のご主人が伊豆で釣ってきたという釣りキンメをお友だちから1匹いただきだきました。高級魚の金目鯛をさばくのは初めてですが、せっかくなので煮付け・アラ汁・刺し身のキンメのフルコースにしていただくことにしました。

キンメの下処理 金目鯛はもうすでにウロコと内臓を取って鮮度を保てるようにお腹の中にキッチンペーパーを詰めるなど下処理がすでにされていました。ここまでやっていただいていたので不慣れな私も大助かり。丸ごとの金目鯛はまずは3枚におろして、半身はお刺身、半身は煮付け、残った頭や骨の部分はアラ汁でいただくことに。

キンメの刺し身 背骨に沿って包丁を入れて半身の皮の部分を湯引きしてお刺身にしました。ちょっと太めですが大根のツマも作ってみました。金目鯛は今が旬とあって脂がのっていておいしいお刺身でした。

キンメの煮付け もうひとつの金目鯛の半身は、塩焼きにしようか迷いましたが、せっかくなので煮付けにしました。金目鯛の宿 で出てくるような甘辛だれの味にしたかったので、ザラメを焦がして酒を注ぎ、醤油で味付けをした濃いめのタレにしました。自分で言うのも何ですが、これが最高に美味しかった。キンメの煮付けは魅力的な一品になりました。

アラ汁 せっかくの金目鯛を余すことなくいただきたいので、残った頭や骨はアラ汁でいただきました。ダシはキンメのアラから出るので、お酒とお味噌で味付け、最後にたっぷりのネギを載せました。キンメの身はふわっととろけて美味しかったです。ネギとの相性もぴったり。

キンメづくし 思いがけず、金目鯛づくしがいただけて大満足。またキンメに出合えたときは、キンメしゃぶしゃぶやこの間テレビで紹介していたネギ間の串焼きに挑戦してみようかな。

二年前に銚子で食べた金目鯛の煮付け。また食べに行きたくなっちゃった。


金目鯛の煮付けがおいしい千葉県のお店・常磐に行ってきました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

尚子

投稿者プロフィール

東京都在住。1964年生まれ。主婦。子育ても落ち着いたので地域情報紙の編集アシスタントとして従事。趣味は旅行。家族四人+愛犬1匹

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 夏休みの子連れ旅行は木更津ホテル三日月竜宮城で!

夏休み旅行おすすめ宿

  1. 八ヶ岳ホテル風か
  2. グランビュー岩井

クローズアップ記事

  1. 緑色の温泉

    北海道 美肌の湯|メタケイ酸を多く含む緑色の温泉<ニセコ温泉郷>

  2. 四万やまぐち館

    四万温泉で美人の湯といえば四万やまぐち館。女将考案の美肌化粧水も評判

  3. 下部ホテル

    石原裕次郎が愛した下部ホテルの客室・風呂・夕食を写真で紹介

  4. 湯元吉祥

    家族旅行で鳴子温泉の宿に泊まるなら湯元・吉祥がおすすめです。

ページ上部へ戻る