熱海梅園梅まつり2017年の日程と周辺おすすめ宿<梅の見頃は2月中旬>

熱海梅園梅まつり

熱海梅園梅まつり。第73回目となる2017年の日程は1月7日(土)から3月5日(日)まで。場所は熱海梅園。時間は8時30分から16時まで。料金は、一般300円・中学生以下は無料。熱海市民と熱海市内宿泊者は100円です。


熱海梅園は明治19年(1986年)に開園。59品種・472本の梅を見ることができます。入口付近にある紅白の梅(白梅…冬至梅=とうじばい/紅梅…八重寒紅=やえかんこう)は撮影スポットとしても人気があります。

熱海梅園全体のピークの見ごろは2月中旬。梅まつり期間中のみ足湯に入りながら梅を観賞することもできます。熱海梅園梅まつりの詳細や梅の開花状況などは、熱海梅園梅まつりの公式サイト でご確認ください。


露天風呂

熱海梅園の周辺で宿をお探しなら、絶景露天風呂が評判の かんぽの宿 熱海別館 がおすすめです。海を一望できる高台に位置し、2016年7月にリニューアルしたばかり。そのリニューアルの目玉が絶景露天風呂(上の写真)。温泉に入りながら熱海市街と相模湾の絶景をひとり占めできます。

花火大会

客室は全室オーシャンビュー。一年を通じて開催される熱海海上花火大会は全客室から見ることができます。


レストラン

食事は夕食・朝食ともにバイキング。レストランからの眺望も抜群。相模湾と熱海市街を一望できます。かんぽの宿 熱海別館ではお得に泊まれる宿泊プランも多数用意されています。

かんぽの宿 熱海別館の宿泊プランを見てみる



年間30万人が訪れる熱海の観光名所・MOA美術館(エムオーエーびじゅつかん)。老朽化のため改修工事を行なっていましたが、改修工事を終え、2017年2月5日(日)にリニューアルオープンしました。MOA美術館では、国宝や重要文化財を含む約80点もの貴重な美術品を鑑賞することができます。リニューアルを機に甘味のカフェも新設。かんぽの宿熱海別館からはMOA美術館へは車で約20分です。

MOA美術館公式サイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

舞子

投稿者プロフィール

千葉県在住。1982年生まれ。会社員。趣味は編み物。有給休暇を使って温泉一人旅と通販生活を楽しむOL。独身

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. ホテルパイプのけむり

    夏休みの子連れ旅行はホテルパイプのけむりで<5,900円~>

料理が評判の宿

  1. 若狭ふぐが食べられる漁師宿
  2. 天然クエ料理が食べられる宿
  3. 竹崎ガニの宿

クローズアップ記事

  1. 塩原湧花庵

    塩原温泉で露天風呂がおすすめの宿といえば畑下温泉の塩原湧花庵ですね。

  2. 銚子さかな料理かみちでイワシ料理と地魚握り寿司を食べてきました。

  3. アパホテル巣鴨駅前

    アパホテル巣鴨駅前の客室はビジネスホテル業界最高級ランクです。

  4. のうのう箱根

    強羅温泉のうのう箱根の303号室と専用露天風呂を写真で紹介

ページ上部へ戻る