雲仙観光ホテルのディナーと朝食(洋食・和食)を画像でご紹介します。

雲仙観光ホテルのダイニング

雲仙観光ホテルのディナーと朝食(洋食・和食)を画像とともにご紹介します。夕食はダイニングで。フランス料理のフルコースがいただけます。高い天井と磨かれた木の床。かつてはダンスパーティーも開かれたという広々としたスペース。さすがはクラシックホテルのダイニングルームです。

コース料理 ディナーは伝統的なフレンチと雲仙のこだわり素材を融合させたコース料理。春のある日のメニューです。まずは地魚のお刺身スタイル。地元で獲れたコノシロを味噌とシャンパンを合わせたソースでいただきます。しょう油でいただくお刺身とは違ってコクのあるお刺身です。

オードブルは春蛸(はるたこ)とタブレの寒天よせ。味のポイントは、島原に古くから伝わるエタリ魚醤(ぎょしょう)を使った和洋折衷のソース。セカンドオードブルは、フユイヌ香る初鰹(はつがつお)のミ・キュイ。旬の初がつおの旨みを添えられた柑橘の酸味が引き立てます。

魚料理は、半日干しに仕上げた旬魚(しゅんぎょ)の直火焼き。新鮮なサワラを半日干すことで、生魚(せいぎょ)にはない旨みが引き出され、添えられた春キャベツと新タマネギのソースのおかけで、生臭さもなく、魚の旨みが味わえます。ここでいったんお口直しのシャーベットを

肉料理 そしてディナーのメインは国産牛フィレ肉の炭火焼き。絶妙な焼き加減。ソースの甘みがお肉とマッチした満足感ある逸品です。

デザート 食後のデザートはワゴンサービス。8種類の中からお好きなデザートが選べます。

日本料理 フレンチのフルコースではなく日本料理がいただける 宿泊プラン もあります。

朝食 朝食もディナーと同じダイニングで。朝日の入るダイニングは夜とはまた違った雰囲気です。朝食は和食または洋食が選べます。

和朝食 和朝食は、長崎郷土料理の卓袱料理(しっぽくりょうり)スタイルで。手作りのなめらか豆腐や地元の食材を使った体にやさしい料理が楽しめます。

洋朝食 洋食では、ふわふわのオムレツやフレンチトーストをはじめ香ばしくておいしい自家製パンなどクラシックホテルならではの朝食がいただけます。

雲仙観光ホテルの詳細や宿泊ブランを見てみる


雲仙観光ホテルの歴史雲仙観光ホテルを写真で紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

賢治

投稿者プロフィール

埼玉県在住。1956年生まれ。自由業。定年前に勢いで会社を辞めて自由人になった還暦おやじ。趣味は中国古典の翻訳。家族五人

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 割烹の宿 大観荘

    夏休みの母娘旅行におすすめ!海鮮料理が自慢の東伊豆の温泉宿

夏休み旅行おすすめ宿

  1. グランビュー岩井
  2. 南房総安房温泉ゆうみ
  3. 上諏訪温泉 渋の湯

クローズアップ記事

  1. 弥彦駅

    弥彦駅から弥彦神社に寄って参拝したあと徒歩で行ける温泉旅館みのや

  2. 狐の嫁入り行列で有名な新潟県積川町にある温泉旅館

  3. 香住のカニ宿 羅戯(こうらぎ)

    香住のカニ宿で柴山ガニを食べるなら甲羅戯(こうらぎ)がおすすめです。

  4. 栃木県のにごり湯の宿

    テレ東にっぽんいい旅SP(2015年2月4日)で紹介された栃木県のにごり湯の宿

ページ上部へ戻る