雲仙観光ホテルの歴史|創業は昭和10年。有形文化財にも登録されています。

雲仙観光ホテル

古くから欧米人の保養地としても栄えてきた長崎県の雲仙温泉(うんぜんおんせん)。その一画にある雲仙観光ホテルは、欧米と日本のスタイルを融合させた独自の文化をていねいに受け継いできました。かつては昭和天皇も宿泊した格式ある老舗のクラシックホテル・雲仙観光ホテルの歴史についてご紹介します

昭和初期の外国人客 雲仙温泉の始まりは古く、開湯は701年。修行僧・行基(ぎょうき)がこの地に温泉山満明寺(うんぜんさんまんみょうじ)を建立したのが始まりとの伝承があります。明治・大正時代には、上海の租界(そかい=外国人居留地)から多くの欧米人が訪れました。

雲仙コルフ場 日本ではじめてパブリックなゴルフコースが造られたのもこの雲仙です(上の写真は雲仙ゴルフ場)

パンフレット その後、外貨獲得のための国策として、洋式ホテルの建設が決定。雲仙が日本初の国立公園として認定された翌年、昭和10年(1935年)に、雲仙観光ホテルが誕生しました。建物は竹中工務店が設計・施工を担当しました。設計者は早良俊夫(さがらとしお)氏。

雲仙観光ホテル 雲仙観光ホテルのいちばんの特徴は、ヨーロッパのホテルを思わせる外観。昭和13年(1938年)にハンガリーの文化使節として訪れたメゼイ博士は、雲仙を「南欧チロルの山の美に、リビアの海の美を加えたような場所」と絶賛。

外観 さらにメゼイ博士は、雲仙観光ホテルを「東洋的であり、西洋的であり、しかもなんら不自然さがない」と語ったそうです。雲仙観光ホテルの威風堂々たるたたずまいは、2003年に登録有形文化財にも認定され、雲仙温泉のシンボルともいえる存在になっています。

雲仙観光ホテルの詳細や宿泊プランを見てみる


雲仙観光ホテルのディナーと朝食雲仙観光ホテルを写真で紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

賢治

投稿者プロフィール

埼玉県在住。1956年生まれ。自由業。定年前に勢いで会社を辞めて自由人になった還暦おやじ。趣味は中国古典の翻訳。家族五人

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 海水浴場が目の前にある公共の宿

    夏休みの家族旅行におすすめ!南伊豆・海水浴場が目の前にある公共の宿

夏休み旅行おすすめ宿

  1. 熱海後楽園ホテル
  2. 八ヶ岳の高原リゾート

クローズアップ記事

  1. 秘湯の一軒宿

    混浴露天風呂のある栃木県・奥那須温泉の秘湯の一軒宿

  2. 九州で炭酸泉の赤湯と白湯が楽しめる日本秘湯を守る会の宿

  3. コウジ サンドウィッチ スズムラ(千葉県野田市)

    野田市のサンドイッチカフェ・スズムラでランチを食べてきました。

  4. ふたりとわに縁

    大切な人と宿泊したい全室離れの西伊豆の高級宿<ふたりとわに縁>

ページ上部へ戻る