塩原温泉ニューオープンの宿<2017年1月>全室離れの料理宿・楓音(かのん)

塩原温泉・楓音(かのん)

1200年の歴史を誇る栃木県の名湯・塩原温泉。今回ご紹介するのは、全室離れの料理宿・楓音。読み方は「かのん」。2017年の1月にニューオープンしたばかり。全室温泉露天風呂付き。すべてのお部屋が箒川(ほうきがわ)に面した趣ある造りになっています。

ロビー 安らぎとぬくもりを感じさせるロビーラウンジ。

フリードリンクコーナー こちら(上の写真)はロビーラウンジに設けられているフリードリンクコーナー。ソフトドリンクのみならず生ビールも無料でいただけます。しかも客室に持ち込みもOK。これはうれしいサービスですね(ソフトドリンクは15時から翌11時まで。生ビールは15時から17時30分と21時から22時まで)

客室 客室は全部で7部屋。全室が温泉露天風呂付きの離れになっています。こちら(上の画像)のお部屋はセミダブルのローベッドも心地よく、ゆったりとくつろげる和洋室。離れとあって気兼ねなく大切な人と休日を過ごせます(客室のタイプは 宿泊プラン の中から選べます)

客室露天風呂 客室の露天風呂に注がれるのは二本の源泉を合わせた加水なしの温泉で、泉質はナトリウム―塩化物・炭酸水素塩泉。美肌をつくるといわれるメタケイ酸が豊富に含まれているので、入浴後に肌をさわるとつるつるします。

創作懐石 塩原温泉・楓音(かのん)の夕食です。もてなしは山海の恵みを活かした創作懐石。海の幸は毎日、石川県から直送で仕入れたもので、鮮度も抜群。地の食材との取り合わせも絶妙です。

前菜 煮物はノドグロと里芋の泡雪蒸し。里芋の食感と脂の乗ったノドグロの旨みが相まって新たな味覚が広がります。焼き物は魚介や牛肉のどちらかをお好みで選べます。魚介は温泉トラフグ、牛肉はとちぎ和牛。どちらも郷土の逸品です(料理は季節や仕入れによって替わります)

とちぎ和牛 肉料理で使われるのは、とちぎ和牛(上の写真)。買い付けているのは最上級のA5ランク。サシも見事。まさに郷土のほまれ。とろけるような味わいを楽しめます。魚料理は温泉トラフグの炭火焼き。那珂川町(なかがわまち)に湧く塩分を含んだ温泉で育てたトラフグは天然物に勝るとも劣らないといわれる一級品。今や栃木の特産品にもなっています。

創作料理 郷土の味覚に旬の幸。これに勝るもてなしはちょっとありません。2017年1月ニューオープンの宿・楓音(かのん)。全室が温泉露天風呂付き離れのお部屋なので、塩原温泉で、大切な人と休日を過ごすならおすすめのお宿です。

塩原温泉 楓音の宿泊プランを見てみる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

真由美

投稿者プロフィール

埼玉県在住。1972年生まれ。主婦。水泳選手だったころの体型とは別人になったママ。趣味はカラオケ。家族四人

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 夏休みの子連れ旅行で宿泊したリカーヴ箱根

    夏休みに子連れで泊まったリカーヴ箱根はバイキングがおいしかったです。

料理が評判の宿

  1. 香住のカニ宿 羅戯(こうらぎ)
  2. 皆生菊乃家 松葉ガニのフルコース
  3. 津居山ガニ

クローズアップ記事

  1. 祝い宿 寿庵

    カップルの記念日旅行におすすめ!栃木県・川治温泉の癒しの名湯宿

  2. つるや吉祥亭

    東伊豆・つるや吉祥亭の甘酒横丁や天ぷら食べ放題の夕食などを画像で紹介

  3. 四万やまぐち館

    四万温泉で美人の湯といえば四万やまぐち館。女将考案の美肌化粧水も評判

  4. 紅葉の白骨温泉

    白骨温泉の紅葉の見頃は10月中旬。宿泊するなら湯川荘がおすすめ!

ページ上部へ戻る