吉川市の料亭麹家のうなぎの朴葉巻きをお祝いのお返しにいただきました。

うなぎの朴葉巻き(吉川市の料亭麹家)

埼玉県吉川市の料亭・糀家(こうじや)の「うなぎの朴葉巻き」(ほおばまき)をお祝いのお返しにいただきました。糀家は、なまずやうなぎをはじめとする川魚料理と会席料理が楽しめる料亭です。吉川方面に行ったときに、お店の前を車で何度か通ったことがありましたが、なまず料理がいただけるというので、一度訪れてみたいと思っていたお店でした。

糀家 いただいた手提げ袋には「創業400余年の料亭」と書かれていて、なんだかすごそう。ところで「うなぎの朴葉巻き」ってなんだろう? うなぎを佃煮か何かにして朴葉でくるんだお酒のおつまみかしら? さっそく包みを開けてみました。

うなぎの朴葉巻き 「うなぎの朴葉巻き」と書かれた発泡スチロールの箱の中には、冷凍されて固まっている朴葉に包まれたものがきれいに6個並んでいます。中に入っていた説明書を見ると「じっくり蒸したうなぎを麹家自慢のタレで焼き上げ、こだわりの粒山椒と歯ごたえ豊かな牛蒡(ごぼう)とともにご飯で挟みました」と書かれていました。

朴葉うなぎ 朴葉巻きはていねいに四角い小包のように整えられていて、大きさはおにぎり1個分くらい。手に持つとずっしりきます。中はどんなものが入っているのかとても楽しみですが、この包みを見ただけでも美味しいことは間違いありません。

パンフレット 糀家のうなぎの朴葉巻きは、冷凍して旨味を閉じ込めているらしく、説明書によるとレンジならひとつにつき3分加熱していただくとのこと。食べないときは必ず冷凍で保存するように書いてありました。冷凍で20日は保存できるようです。

うなぎ朴葉巻き中身 蒸し器を使って10分から15分加熱して食べてもいいようですが、私はまずは三つほどレンジで加熱してみました。熱々になった朴葉をほどき、広げてみるとタレが染み込んだご飯の間にうなぎが。朴葉とタレ、山椒の香りが相まってたまらなくおいしそうです。

うなぎ朴葉巻き断面 中を割ってみると、タレがたっぷり染み込んだもっちりとしたお米の中から大きなうなぎと柔らかく炊かれた牛蒡(ごぼう)が現われました。まずはひと口。甘すぎず辛すぎないタレとうなぎとゴボウの相性が絶妙。口の中で弾ける粒山椒の佃煮の香りも上品。ひとつでもけっこうなボリュームがありましたが、あまりの美味しさに二つ続けていただいてしまいました。

糀家パンフレット 料亭麹家「うなぎの朴葉巻き」。なかなかお目にかかれない贅沢ないただきものでした。麹家の名物はなまず料理とうなぎ料理。うな重膳となまず天ぷら御膳が手軽にいただけるランチメニューもあるので、今度、ぜひおじゃましてみたいと思います。

料亭・糀家(こうじや)の住所は、埼玉県吉川市平沼173。正確な場所は下記の地図で確認できます。電話番号は048-982-0009。営業時間は11時50分から21時30分。不定休。アクセスは、JR武蔵野線の吉川駅 北口から徒歩約10分。車では常磐自動車道・三郷ICまたは東京外環自動車道・三郷西ICから約15分です。詳細は 麹家のホームページ をご覧ください。

埼玉県吉川市平沼173

拡大地図を表示

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

尚子

投稿者プロフィール

東京都在住。1964年生まれ。主婦。子育ても落ち着いたので地域情報紙の編集アシスタントとして従事。趣味は旅行。家族四人+愛犬1匹

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 塩原温泉の湯宿

    夏休みの夫婦旅行におすすめ!塩原温泉の川沿いに佇む静かな湯宿

おすすめ高級宿

  1. 伊豆高原 茄子のはな
  2. 大沼鶴雅オーベルジュ エプイ
  3. 萃 諏訪湖

クローズアップ記事

  1. 舞子スノーリゾート

    舞子スノーリゾートに子連れで宿泊するなら舞子高原ホテルがおすすめです。

  2. 鳥羽シーサイドホテル

    鳥羽のパワースポットがあるホテル|鳥羽シーサイドホテル

  3. 玉庭

    箱根で美肌の湯が評判の旅館といえば箱根湯本温泉の玉庭です。

  4. まるみつ旅館

    あんこう料理と泥湯で肌がつるつるになる北茨城の宿・まるみつ旅館

ページ上部へ戻る