千葉県野田市にある昭和の洋食屋ニューコザックでランチを食べました。

野田市中野台の洋食屋レストランニューコザックのカツのせナポリタン

カツ載せナポリタンは昔懐かしい昭和の洋食の味でした――。カツのせナポリタンをいただいたのは千葉県野田市にある「洋食屋ニューコザック」。車で取材に向かう途中、偶然見つけた「街の小さな洋食屋さん」という看板に引き寄せられて、仕事仲間の賢治さんとランチをいただくことにしました。

外観 2017年4月26日・水曜日。埼玉県松伏方面から東武野田線の愛宕(あたご)駅に車で走っている途中、ファミレスやらラーメン屋さんやら食べ物屋のお店がたち並ぶ茨城県道・千葉県道3号つくば野田線に出ました。愛宕駅・踏切の手前右側に懐かしい感じがする洋食屋さんを発見。

看板 いったん通り過ぎてしまったものの、やっぱり気になってUターン。駐車場に車を駐めて降りてみると、駐車場の塀やお店の壁の目立つところにはおすすめメニューのミックスフライやステーキの画像が紹介された立て看板が。やっぱり入る価値アリのお店みたいです。

客席 お店の中に入るとまだお昼の11時40分ということもあってか、一組の親子連れのお客さんがいるだけでした。私たちは奥のソファーのテーブル席に席を取りました。座席のソファーはゆったりとして座りやすかった。壁には山口百恵ちゃんのデビュー当時(昭和47年ごろ)のポスターが……。昭和の雰囲気が伝わってきます。

店内 入り口右側には二組が座れる座敷席もありました。テーブル席と座敷席を合わせると座席数はけっこうありますね。テープル席6、座敷席2、20人から最大30人は座れそうです。そうこうしていると12時をまわり、常連さんらしき男性のグループが次々と入店してお店の中が賑やかになってきました。

日替わりランチメニュー 壁には日替わりおすすめランチメニューや定休日など手書きのお知らせがいろいろ貼ってあってにぎやかな感じ。「定休日は金曜日です」という短冊もありました。

メニュー 席に座ると奥さまが、おしぼりとお水を持ってきてくれました。いっしょにテーブルに運ばれたメニューを開いてみると、わかりやすいようにお料理がすべて写真付きで紹介されていました。これはありがたいですね。

壁にもメニュー画像が貼られていましたが、どれもおいしそうで、なかなかひとつに決められません。あれこれ迷った末、インパクトが大きかったカツのせナポリタン(900円)とハンバーグ・カニクリームコロッケ(1,100円)をお願いすることにしました。

フォークスプーン 待つこと約20分、フォーク、ナイフ、スプーンのセットが運ばれてきました。それぞれが紙ナプキンにクルクルっと包まれています。「あ~、昔の洋食屋さんや中華屋さんはこうだったよね、懐かしい~」と、紙ナプキンに包まれたスプーン・ナイフ・フォークを見て、嬉しくなりました。

かつ載せナポリタン そのあとすぐにカツのせナポリタンが運ばれてきました。ケチャップたっぷりのナポリタンの上に本当にカツが載っかっていました(笑)。カツの上にはドミグラスソースがかかっています。洋食屋のカツカレーは食べたことがありますが、カツナポリは初めて。ワクワクします。見た目のボリュームもいいですね。

ハンバーグクリームコロッケ 続いて、熱々のプレートに載せられたハンバーグとカニクリームコロッケが運ばれてきました。「熱いですから気をつけてくださいね」と、奥さまのやさしい心づかい。それにしてもカニクリームコロッケが大きいことといったら。うれしくなります。

ランチ ハンバーグのカニクリームコロッケもナポリタンのカツもこれ以上にないくらいサクッ!と揚がっています。おいしかった~。ナポリタンは昔ながらのケチャップ味で想像どおりの味。ハンバーグにはご飯も付いています。そしてそれぞれにわかめのお味噌汁も付いていました。

「ここはまた来て違うメニューも食べてみたいね~」と賢治さん。私は次はミックスフライ定食かステーキ、賢治さんはビーフシチューを食べてみたいそうです。

駐車場 県道沿いのお店の前にも5~6台停められる駐車場がありましたが、お店の脇を通って裏側にまわるとそちらにも4台駐められる駐車場があるので、車で来ても平日なら余裕で停めることができそうです。

入口 奥さまにうかがったところ、レストランニューコザックの創業は昭和47年(1972年)。奥さまが20代のときにご主人と二人で始め、45年近く続けていらっしゃるとのことでした。昔のままの味をこうしていただける街の小さな洋食屋さん・ニューコザックはいつまでも残ってほしいお店でした。

レストランニューコザック店舗情報

千葉県野田市中野台141

拡大地図を表示

レストランニューコザックの住所は 〒278-0035 千葉県野田市中野台141。正確な場所は上記の地図で確認できます。電話番号は 04-7123-3903。営業時間は11時から21時。ランチ営業は11時から14時。定休日は金曜日。座席数は(テープル席)4人席3・2人席1・5人席1・3人席1(座敷席)4人席2。店内は禁煙です。駐車場は約9台分。千葉県道3号つくば野田線沿いにあります。電車でのアクセスは、東武アーバンパークライン(野田線) 愛宕駅で下車して徒歩約11分。詳細は Facebook( 街の洋食屋コザック )をご覧ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

尚子

投稿者プロフィール

東京都在住。1964年生まれ。主婦。子育ても落ち着いたので地域情報紙の編集アシスタントとして従事。趣味は旅行。家族四人+愛犬1匹

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. グランビュー岩井

    海水浴と海岸バーベキューが楽しめる南房総のコンドミニアムホテル

おすすめ高級宿

  1. 伊東 緑涌
  2. 箱根小涌園 天悠
  3. 熱海大観荘

クローズアップ記事

  1. 油屋旅館

    長野の諏訪湖付近でおすすめの宿といえば油屋旅館ですね。

  2. 七重八重

    母娘で温泉旅行に行くなら鬼怒川温泉の七重八重がおすすめです。

  3. 赤目温泉 対泉閣

    赤目四十八滝・忍者の森の目の前にある忍者ゆかりの温泉宿・対泉閣

  4. 子宝の湯

    子宝の湯で有名なのは伊豆の吉奈温泉にある御宿さか屋ですね。

ページ上部へ戻る