箱根芦之湯温泉 鶴鳴館 松坂屋本店のお風呂や料理を画像で紹介

芦之湯温泉松坂屋本店

古くから開けた箱根七湯(はこねしちとう)のひとつ、駒ヶ岳の南麓に位置する箱根芦之湯温泉(はこねあしのゆおんせん)。今回ご紹介するのは 箱根芦之湯温泉 鶴鳴館 松坂屋本店(かくめいかん まつざかやんてん)。創業は江戸時代初期。名湯と宿場会席料理が評判の老舗旅館です。

ラウンジ かの歌川広重の浮世絵にも描かれるほど、江戸時代から広く知られ、長きにわたり歴史とともに歩み、西郷隆盛と木戸孝允の会見が行なわれたこともあります。創業355年を迎えた2017年3月に鶴鳴館を中心にリニューアルオープンしました。

客室 客室は7,000坪の敷地に22部屋。露天風呂付き客室も人気。どのお部屋からも野趣あふれる庭の景色を眺めることができます。文明開化華やかなりしころの往時の風格が感じられます。客室のタイプは 宿泊プラン の中から選べます。

大浴場 お風呂は大浴場と貸切風呂(上の画像は大浴場)。箱根七湯に数えられる名湯が、なんと敷地内の自家源泉から湧き出ています。湯量も豊富。湯の花の舞う温泉成分は良好で、効能もあらたか。これぞまさしく名湯の証(あかし)です。

源泉掛け流しのお風呂 少し白濁する温泉は、とてもなめらかで、現在も湯守(ゆもり)によって自家源泉が管理され、加水・加温・循環いっさいなしの源泉100%掛け流しです。

宿場会席 鶴鳴館 松坂屋本店の夕食です。宿の名物料理は文明開化に思いを馳せる宿場会席(しゅくばかいせき)。器にも凝り目にも風雅。料理長は、京都の料亭や一流ホテルで腕を磨き、巧みの技でもてなしてくれます。お造りは湯葉や近海の幸。吟味された食材の旨みが冴えわたり、たしかな目利きを感じさせます。

温物 温物(あつもの)は、神奈川県産・相州牛(そうしゅうぎゅう)サーロイン八丁味噌の朴葉焼き(上の写真)。溶き卵をくぐらせていただきます。

夕食 美味極まる老舗旅館の堂々たるもてなしです。

箱根芦之湯温泉 鶴鳴館 松坂屋本店の宿泊プランを見てみる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

賢治

投稿者プロフィール

埼玉県在住。1956年生まれ。自由業。定年前に勢いで会社を辞めて自由人になった還暦おやじ。趣味は中国古典の翻訳。家族五人

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. バイキングの宿

    バイキングの宿に家族で宿泊するなら鬼怒川温泉のあさやがおすすめです。

アーカイブ

おすすめ高級宿

  1. 箱根強羅 白檀
  2. 花暖簾
  3. 皆生温泉・松月

クローズアップ記事

  1. 富士山の見える温泉宿

    富士山の見える癒しの温泉宿|伊豆長岡温泉 桂川彩峰

  2. 箱根芦ノ湖はなをり

    箱根芦ノ湖はなをり|評判の部屋・風呂・ブッフェ料理を写真で紹介

  3. マーケットテラス 川越

    マーケットテラス川越市場へランチの食べ放題に行ってきました。

  4. 餅つき

    矢部美穂さんが温泉グルメ番組で訪れた山形県の温泉宿

アーカイブ

ページ上部へ戻る