秘湯の一軒宿|越後長野温泉 妙湶和樂 嵐渓荘<新潟県三条市>

越後長野温泉 嵐渓荘

新潟県三条市を流れる守門川(すもんがわ)。今回ご紹介するのは守門川の渓流沿いにひっそりとたたずむ 越後長野温泉 妙湶和樂 嵐渓荘(えちごながのおんせん みょうせんわらく らんけいそう)。塩分豊富な泉質が評判の秘湯の一軒宿です。

外観 嵐渓荘の創業は昭和初期。建物は燕市(つばめし)の駅前にあった古い料亭を移築したもの。木造三階建て、入母屋造り(いりもやづくり)の堂々とした構えの本館は、国の有形文化財に指定されています。

ロビー 越後長野温泉の特徴はなんといっても泉質。ロビーには、温泉を使ったウェルカムドリンクが用意されています。源泉を沸騰させ、少しだけほうじ茶で香りづけした温泉ほうじ茶。源泉は塩気が強いうえにだし汁のような旨みもあり、昆布茶にも似た不思議な味がします。

客室 客室は和室。それぞれ異なった意匠が凝らされたお部屋は、ゆったりとくつろげる造りになっています(客室のタイプは 宿泊プラン の中から選べます)。お部屋でひと息ついたら自慢の温泉へ

大浴場 お風呂は大浴場と貸切露天風呂。上の写真は大浴場(女性用内湯)。源泉は16度前後の冷鉱泉なので加温されています。ナトリウムを多く含むため結晶化した温泉成分が堆積し、湯船の底が隠れるほどです。

露天風呂 この特徴的な源泉は、大昔、このあたりが海だったときのなごりだと考えられています。温泉成分が濃く、体にまとわりつくような感触。しばらく入っていると肌がしっとりとしてくるのが分かります。

立ち湯 貸切風呂は2種類。宿泊客は無料で利用できます。こちら(上の画像)は貸切露天風呂のひとつ立ち湯(深湯)。立ち湯にしてはちょっと深めの130センチ。湯船の底にはこぶしほどの大きさの石がごろごと入っていて、これか痛気持ち好(いたきもちよ)く、足裏のツボも刺激されます。

夕食 越後長野温泉 嵐渓荘の夕食です。旬の山菜を使った嵐渓荘の名物料理・山菜しゅうまいやアボカドを新潟県産の牛肉で巻いたソテーなど、山の恵みを中心とした山里会席でもてなしてくれます(料理は季節や仕入れによって替わります)

貸切風呂 翌朝は貸切風呂で朝湯を楽しみましょう。木の湯船のやさしい肌触りに心がなごみます。秘湯の一軒宿 越後長野温泉 嵐渓荘(らんけいそう)。来てよかった、そう思えるお宿です。

越後長野温泉 妙湶和樂 嵐渓荘の宿泊プランを見てみる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

賢治

投稿者プロフィール

埼玉県在住。1956年生まれ。自由業。定年前に勢いで会社を辞めて自由人になった還暦おやじ。趣味は中国古典の翻訳。家族五人

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 熱川ホテルカターラ

    家族旅行に!プール&スパとバイキングが評判の熱川温泉ホテルカターラ

夏休み旅行おすすめ宿

  1. 熱川YOU湯ビーチ
  2. 八ヶ岳ホテル風か

クローズアップ記事

  1. 嶽温泉

    白いにごり湯とマタギ飯が人気!嶽温泉・山のホテル(青森県)

  2. 伊香保温泉石段街

    伊香保温泉で絶景と美肌の湯が自慢の宿といえば晴観荘

  3. 武雄温泉 扇屋

    料理の鉄人にも出演した宿の主人が作る懐石料理が評判の老舗旅館

  4. サヤン・テラス

    夫婦旅行におすすめ!房総・御宿の海辺の絶景リゾート宿

ページ上部へ戻る