熱海で絶景の温泉が楽しめて料理が美味しい老舗旅館といえば熱海大観荘

熱海大観荘

東京から東海道新幹線で約50分。今も昔も温泉地、行楽地として魅力の尽きない熱海。今回ご紹介するのは、熱海大観荘(あたみたいかんそう)。昭和23年(1948年)の創業以来、熱海の高台にあって、眺望は大観荘の自慢。由緒ある老舗の温泉旅館です。

外観 第1回文化勲章を受章した日本画壇の巨匠・横山大観(よこやまたいかん)。宿の創業者と仲がよく、たびたび宿泊していました。屋号を「大観荘」としたのも横山大観のお墨付き。

庭園 熱海大観荘の絶景ポイントのひとつが日本庭園。名だたる造園家が手がけた季節を愛でる究極の造形。庭園の美学がここにはあります。

足湯 二つ目の絶景ポイントは、展望の足湯(上の写真)。天然温泉と絶景に癒される特等席です。日が沈むと、また趣が異なり、熱海の夜景が眼下に広がります。足湯のぬくもりと、心地よい潮風が、満ち足りた旅のひとときをもたらします。

客室 客室は、海の見えるお部屋と庭園向きのお部屋があり、どのお部屋もゆっくりとくつろげます。上の画像は数寄屋造りの広縁付き和室(客室の広さやタイプは 宿泊プラン の中から選べます)

お風呂 お風呂は、趣の異なった三つの大浴場と露天風呂、さらに有料の貸切露天風呂もあり、湯めぐりが楽しめます。敷地内にある二本の自家源泉の温泉は、入ってみるとなめらかで、湯上がり後は、さわりたくなるほど肌がすべすべになります。

露天風呂 別名、熱の湯とも呼ばれる塩化物泉の効果もあり、いつまでも体がポカポカして、体の芯まで温まる気持ちのいい温泉です。

料理 熱海大観荘の夕食です(上の写真)。目を奪われる料理は、季節を愛でる京風懐石。伝統の技と洗練された感性が織りなす至福のもてなしです。

熱海大観荘の宿泊プランを見てみる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

賢治

投稿者プロフィール

埼玉県在住。1956年生まれ。自由業。定年前に勢いで会社を辞めて自由人になった還暦おやじ。趣味は中国古典の翻訳。家族五人

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 伊豆高原のコテージ

    夏休みに家族でコテージに泊まるなら伊豆高原コテージがおすすめです。

おすすめ高級宿

  1. 柴山ガニのフルコース
  2. 天翠茶寮
  3. 岩室温泉高島屋

クローズアップ記事

  1. 下諏訪温泉の宿

    下諏訪温泉に宿泊するなら食事が評判の料理旅館・ぎん月がおすすめです。

  2. フレンチ

    伊豆稲取で本格フレンチが堪能できて1万円以下で泊まれる穴場の湯宿

  3. 南房総安房温泉ゆうみ

    夏休みのカップル旅行におすすめ!南房総安房温泉ゆうみ<海が目の前>

  4. 宮城県 黒川旅館

    宮城県の大衡村にあるくろ川旅館に泊まって年を越しました。

ページ上部へ戻る