マウレ山荘の客室・温泉・料理などのを写真で紹介<北海道遠軽町>

マウレ山荘

北海道の東部、オホーツク海の内陸に位置する遠軽(えんがる)。広大な森を有する林業が盛んな町です。今回ご紹介するのは、北海道遠軽町にある マウレ山荘(さんそう)。青い三角屋根と白い壁が印象的。森の中にたたずむ温泉リゾートホテルです。

ルームキー チェックインをすませお部屋の鍵を受け取ります。ルームキーに付いているのは、ナント、鹿の角で作ったキーホルダー(上の写真)

客室 客室は、和室・洋室のほかにメゾネットタイプの和洋室や温泉付きコテージなどがあります。こちらのお部屋(上の画像)は、メゾネットタイプの特別室。家族やグルーブでの滞在におすすめです(客室のタイプは 宿泊プラン の中から選べます)

大浴場 お風呂は大浴場と露天風呂。上の写真は大浴場。その昔、先人たちも湯治に通ったといわれる丸瀬布温泉(まるせっぷおんせん)。肌がつるつるになると評判の美肌の湯です。

露天風呂 こちら(上のお風呂)は、自然の景観を眺めることができる岩造りの露天風呂。お湯は無色透明。泉質はアルカリ性単純温泉。肌馴染みがよくて、肌がすべすべになっていくのが分かります。

夕食 マウレ山荘の夕食です。レストランでいただくのは、料理長渾身のコース料理。野菜はできるだけ自社農園のものを使いながら、オホーツク海で獲れる魚介など、こだわりの料理が並びます。

前菜 地元、そして近郊の食材を使った前菜

魚料理 魚料理は、釧路産ムキガレイのソテー

肉料理 肉料理は道産牛のロース(料理は季節や仕入れによって替わります)

手打ちそば そして、マウレ山荘の自慢は、締めの手打ちそば(上の画像)。口コミでも評判。この手打ちそばを目当のリピーターもいるほど。美味しいお蕎麦です。心のこもったおもてなし。満足できます。

朝食 朝食はバイキング。朝の光が射し込むレストランでいただく料理の数々。心もお腹も満たされます。マウレ山荘。北海道遠軽町(えんがるちょう)に宿泊するならおすすめのお宿です。

マウレ山荘の宿泊プランを見てみる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

舞子

投稿者プロフィール

千葉県在住。1982年生まれ。会社員。趣味は編み物。有給休暇を使って温泉一人旅と通販生活を楽しむOL。独身

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 伊豆下田のリゾートホテル

    夏休みの温泉デートに!海水浴とプールで遊べる伊豆下田のリゾートホテル

おすすめ高級宿

  1. 萃sui-諏訪湖
  2. 萃 諏訪湖
  3. 阿しか里

クローズアップ記事

  1. 四万温泉の滝見の湯宿

    BSフジ『絶景温泉』で木村桜子さんが宿泊した四万温泉の滝見の湯宿

  2. 風布(ふうぷ)

    埼玉県吉川市の美味しいうどん屋さん風布(ふうぷ)に行ってきました。

  3. どぶ汁

    茨城でどぶ汁の美味しいおすすめの宿を見つけました。

  4. センチュリーロイヤルホテル札幌

    札幌駅に近いホテルに夫婦で泊まるならセンチュリーロイヤルホテル札幌

ページ上部へ戻る