南伊豆で料理が評判の宿といえば弓ヶ浜温泉の花さとですね。

弓ヶ浜温泉 くつろぎの御宿 花さと

東京からJR特急踊り子号で伊豆急下田へ。伊豆急下田から南伊豆東海バスに乗り換え約2分。1キロに及ぶ海岸線が続く南伊豆・弓ヶ浜。日本の渚百選にも選ばれた景勝地です。今回ご紹介するのは、木々に囲まれた閑静な和のたたずまいの 弓ヶ浜温泉 くつろぎの御宿 花さと(くつろぎのおやど はなさと)。女将が作る懐石料理が評判の宿です。

陶芸品展示コーナー 館内にあるギャラリーでは、伊豆の陶芸作家の作品を展示販売しています。どれも味わい深い逸品で人気があります。料理に使われる食器もすべて伊豆の陶芸作家のものが使われています。

客室 客室は全6室。どのお部屋も心安らぐ和室で、ふるさとに帰ってきたかのような雰囲気。窓からは弓ヶ浜に続く吉野川も望めます(客室のタイプは 宿泊プラン の中から選べます)

露天風呂 お風呂は内湯と露天風呂。上の写真は、森林浴も楽しめる趣ある露天風呂。朝は野鳥のさえずりが聞こえ、身も心もリフレッシュできます。お湯は源泉掛け流し。肌にやさしい名湯です。

夕食 南伊豆の料理宿・花さとの夕食です。料理は、前菜からデザートまで、すべて女将の山田久美子さんが作ります。15年間、都内の料亭に通って懐石料理を学んだというだけあって、どの料理も見るからに手が込んでいて、わくわくするおいしさです。

胡麻豆腐 口取(くちとり)は、胡麻豆腐のアワビ餡かけ。すり鉢に油が出るまで、みがき胡麻をすり、吉野本葛と合わせて、さらに練りあげます。胡麻豆腐ひとつにも手間を惜しまないのが女将のこだわりです。

伊勢海老のお造り 伊勢海老の鬼殻焼き アワビ料理 強肴(しいざかな)は、地元の高級食材・伊勢海老、アワビ、伊豆牛の中からお好みで選べます。伊勢海老とアワビは、お造りや焼き物、ボイルなど、調理方法も選べます。

伊豆牛のフィレステーキ 幻の牛とも呼ばれる伊豆牛(いずぎゅう)。稀少価値が高く、やわらかく深みのある味の赤身が身上。中でもフィレ肉は絶品です。

金目鯛土鍋ご飯 締めには、宿の名物・金目鯛の土鍋ご飯。ふっくらと焚きあげたご飯に下田のキンメダイ。絶妙な味です。料理は季節や仕入れによって替わります。

椀物 料理自慢の女将が作る心づくしのもてなし。宿泊者の口コミ評価が高い理由もうなずけます。

弓ヶ浜温泉 くつろぎの御宿 花さとの口コミを見てみる

賢治

投稿者プロフィール

埼玉県在住。1956年生まれ。自由業。定年前に勢いで会社を辞めて自由人になった還暦おやじ。趣味は中国古典の翻訳。家族五人

この著者の最新の記事

関連記事

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ

ピックアップ記事

  1. 老神温泉 吟松亭あわしま

    夏休みの尾瀬旅行におすすめの宿|老神温泉 吟松亭あわしま

アーカイブ

おすすめ高級宿

  1. 奥津荘
  2. ルグラン軽井沢
  3. 強羅天翠

クローズアップ記事

  1. 銀座レストランあづま

    銀座の洋食のおいしいお店あづまでランチ。ナポリタンが絶品

  2. 下田セントラルホテル

    伊豆の温泉に一泊二日で女一人旅に行くならおすすめはこの宿

  3. 厳島神社

    厳島神社へもアクセス便利!宮島・若宮温泉の老舗旅館・岩惣

  4. 西山別館

    尾道の老舗旅館・西山別館の離れの客室や料理を写真で紹介

アーカイブ

ページ上部へ戻る