今帰仁城跡の寒緋桜

日本でいちばん早く桜が開花する沖縄。沖縄の桜はソメイヨシノではなく寒緋桜(かんひざくら)と呼ばれる品種で、1月中旬から2月中旬にかけて、鮮やかな濃いピンク色の花を咲かせます(寒緋桜は緋寒桜=ヒカンザクラとも呼ばれます)

今帰仁城跡 世界遺産に登録されている今帰仁城跡(なきじんじょうあと)では、毎年、カンヒザクラの開花に合わせて「 今帰仁グスク桜まつり 」(なきじんぐすくさくらまつり)が開催されます。夜はライトアップも行なわれ城壁に照らし出された幻想的な夜桜が楽しめます。

リゾートホテルベルパライソ 今帰仁城跡(なきじんじょうあと)に日本一早いお花見を見に行くなら泊まるのは地元の今帰仁村(なきじんそん)にあるホテルが便利。リゾートホテルベルパライソ なら今帰仁城跡まで車で15分。ホテルの目の前には天然ビーチ(ウッパマビーチ)が広がりロケーションも抜群です。

客室(ホテル棟) 客室は45平米。沖縄県内でもトップクラスの広さです。全室バストイレ・シャワー・エアコン・テレビ・空の冷蔵庫付き。お風呂とトイレは別々になっています。部屋からはエメラルドグリーンの東シナ海を一望。リゾート気分を満喫できます。

客室(コテージタイプ) コテージタイプの客室もあります。コテージタイプの客室は50平米の広さなので五人でも快適に過ごせます。家族連れやグルーブでの利用におすすめです。

夕食 夕食は海の見えるレストランで沖縄の食材を使った和食と洋食の創作料理が楽しめます。上の洋食の画像は沖縄産アグー豚のカツレツコース

朝食 朝食はブッフェスタイル。和食・洋食、沖縄の食材を活かした料理がいただけます。

部屋からの景色 目の前にウッパマビーチが広がるリゾートホテルベルパライソは、今帰仁城跡までは車で15分、ナゴパイナップルパークまでは車で15分、備瀬のフクギ並木までは車で25分、美ら海水族館までは車で30分と、観光の拠点としても便利な立地です。

今帰仁城跡の夜桜 ベルパライソでは、今帰仁城跡(なきじんじょうあと)の寒緋桜(カンヒザクラ)の開花に合わせて、お花見宿泊ブラン など、お得に泊まれるプランも用意されますので、沖縄に日本一早い桜を見に行くならゾートホテルベルパライソがおすすめです。

第10回 今帰仁グスク桜まつり 2017年
場所今帰仁城跡(なきじんじょうあと)
所在地沖縄県国頭郡今帰仁村(くにがみぐんなきじんそん)
アクセス今帰仁城跡アクセスマップ
期間2017年1月28日(土)~2月12日(日)
時間8時~21時
ライトアップ18時~21時(最終入場20時30分)
入場料(大人)400円(小中校生)300円(幼稚園以下)無料
駐車場無料


沖縄 おすすめ特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

舞子

投稿者プロフィール

千葉県在住。1982年生まれ。会社員。趣味は編み物。有給休暇を使って温泉一人旅と通販生活を楽しむOL。独身

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 中伊豆の温泉宿

    夏休みの女子旅におすすめ!囲炉裏料理と立ち湯が楽しめる中伊豆の温泉宿

夏休み旅行おすすめ宿

  1. 一柳閣
  2. 熱海後楽園ホテル
  3. 白樺ファミリーランド

クローズアップ記事

  1. 軽井沢野鳥の森

    多くのリピーターが押し寄せる軽井沢の理想郷・星のや軽井沢

  2. 大沢温泉 山水閣

    紅葉の混浴露天風呂が楽しめる秘湯の一軒宿|岩手 大沢温泉山水閣

  3. 諏訪湖

    上諏訪の観光スポットとおすすめ宿|足湯・諏訪大社・片倉館…

  4. つるや吉祥亭

    東伊豆・つるや吉祥亭の甘酒横丁や天ぷら食べ放題の夕食などを画像で紹介

ページ上部へ戻る