緑色の温泉|熊本県 火の山温泉アーデンホテル阿蘇どんどこ湯

緑色の温泉

にごり湯というと乳白色か茶褐色を思い浮かべますが、緑色の温泉というのもあります。岩手県の国見温泉や長野県の熊の湯温泉などが有名。今回は、九州で緑色の温泉を源泉掛け流しで楽しめる熊本県の 火の山温泉アーデンホテル阿蘇 をご紹介します。

内湯 アーデンホテル阿蘇にはホテル本館のお風呂のほかに敷地内に「どんどこ湯」という天然温泉センターが併設されています。敷地面積は西日本最大級の規模を誇り、ホテル本館とどんどこ湯の両方で、緑色のにごり湯を堪能できます(上の画像はホテル本館の女性用大浴場)

露天風呂 温泉の泉質は硫酸塩泉(りゅうさんえんせん)。色はやや白味がかった緑色=緑白色(りょくはくしょく)。お湯は源泉掛け流し。美人の湯とも呼ばれ、肌にハリと潤いを与え、美肌を再生するアンチエイジングの効能もあるので、女性にはおすすめの温泉です。

屋根付き露天風呂 お風呂は内湯(大浴場)と露天風呂があります。内湯・露天風呂ともに100%天然温泉。露天風呂は阿蘇の自然をイメージして造られた庭園露天風呂になっています。どんどこ湯では男女合わせて13のお風呂が楽しめます。屋根付きの露天風呂もあるので雨が降っても露天風呂に入れます。

客室(和室) 客室は和室と和洋室の二つのタイプがあり、すべての部屋が広大な日本庭園に面しているので、四季折々の美しい景観を一望できます。部屋のタイプや広さは宿泊プランによって異なります( 宿泊プラン一覧

客室から見える外の風景 上の画像は客室の窓から眺めた景色。日本庭園と雄大な阿蘇の山々が望めます。ホテルの上層階からは、阿蘇五岳のひとつ杵島岳(きじまだけ)や往生岳(おうじょうだけ)のほか杵島岳の麓にある米塚(こめづか)も見ることができます。

夕食 夕食は、季節の旬の食材と自家牧場産の黒毛和牛を使った和食会席や肥後牛会席が楽しめます。豪華グルメ会席では、熊本名産の馬刺しの握りや黒毛和牛のステーキ、すき焼きなど、ホテルでいちばんグレードの高い特別料理が堪能できます。

朝食 朝食はビュッフェスタイル。自家牧場産のハムやソーセージ、ヨーグルトなど約20種類の料理が並びます。阿蘇の野菜を使った漬け物も人気。季節などによっては朝食はバイキング形式ではなくセットメニューになることもあります。

庭園 庭園内には桜の古木が植えられていて満開の時期には夜はライトアップも行なわれます。夏は星空観賞、秋は紅葉なども楽しめます。庭園内には鯉が泳ぐ恋池もあります。

緑色の温泉 熊本県で、にごり湯の温泉宿に泊まるなら、緑色の温泉を源泉掛け流しで楽しめる 火の山温泉 アーデンホテル阿蘇 がおすすめです。美肌効果が高い温泉なので、お肌が再生されて、つるつるになります。


にごり湯の宿 九州

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

尚子

投稿者プロフィール

東京都在住。1964年生まれ。主婦。子育ても落ち着いたので地域情報紙の編集アシスタントとして従事。趣味は旅行。家族四人+愛犬1匹

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 八ヶ岳の高原リゾート

    フレンチと美肌の天然温泉が楽しめる八ヶ岳の高原リゾート

おすすめ高級宿

  1. 森のスパリゾート北海道ホテル
  2. 柴山ガニのフルコース
  3. 裏磐梯レイクリゾート

クローズアップ記事

  1. ガトーエシレナチュール

    ガトーエシレナチュールの行列に並んで最後の1個が買えました!

  2. 加能ガニ

    加能ガニが食べられる旅館|石川県 深谷温泉 元湯石屋

  3. 鉄鉱泉本館

    下諏訪温泉で源泉掛け流しの湯と食事が評判の老舗宿といえば鉄鉱泉本館

  4. ホテル木曽路

    南木曽温泉に宿泊するなら露天風呂が自慢のホテル木曽路がおすすめです。

ページ上部へ戻る