加能ガニが食べられる旅館|石川県 深谷温泉 元湯石屋

加能ガニ

石川県のブランド蟹といえば加能ガニ(かのうがに)。青色のタグが付いた加能ガニの甘みとぷりぷり感は全国でもトップクラス。今回は、タグ付き加能ガニが食べられる石川県の旅館 深谷温泉 元湯石屋 (ふかやおんせん もとゆいしや)をご紹介します。

外観 元湯石屋の創業は寛政元年(1789年)。226年の歴史を誇る江戸時代から続く老舗旅館です。琥珀色のモール温泉と地場ならではの素材にこだわった伝統の会席料理が堪能できます。

加能ガニ 冬はタグ付き加能ガニの会席料理もいただけます。加能ガニの解禁日は11月6日。漁期は3月20日まで。旬の季節は11月から2月。冬の時期だけしか食べられない味覚の王様です。ちなみに加能ガニとは石川県で水揚げされたズワイガニのことをいいます。

カニ会席 冬の時期限定 タグ付き加能ガニ豪華会席プラン では、カニ刺し・カニ焼き・カニ酢・カニ釜飯など、カニ尽くしのフルコースが楽しめます。ぜいたくですね~。カニ好きにはたまりません。

カニ刺し まずはカニ刺し。加能ガニのぷりぷりした歯ごたえと極上の甘みが口の中いっぱいに広がります。カニ刺しは豪快に口の中に入れて食感と甘みを楽しみましょう。

カニ酢 次はカニ酢。加能ガニは何もつけずにそのまま食べてもじゅうぶんおいしいんですが、お酢と醤油を絶妙に合わせたカニ酢でいただくと、旨みが一段と高まります。

焼きガニ 焼きガニも蟹料理の醍醐味。身がぎっしり詰まってふっくらした食感が味わえます。日本酒にもよく合います。

カニ釜飯 加能カニ尽くしのフルコースではカニ釜飯も楽しめます。お釜で炊いたふっくらとしたご飯にカニの旨みがたっぷり染みこんだ逸品です。これはおいしいですよ。

客室 客室は226年の伝統と格式のある和室。部屋名の表札、格子天井(こうしてんじょう)、年代ものの調度品など、どの部屋も昔のたたずまいを感じる趣があります。

モール温泉 元湯石屋の温泉は琥珀色(こはくいろ)のモール泉。滑らかな湯触りが特徴。ペーハー値が8.5と美容液や美肌化粧品と同じくらい高いので、お肌がつるつるになる美肌の湯としても知られています。

湯上がり処 湯上がり後は趣のある休憩所でひと休み。館内には明治時代から時を刻んできた高さ2メートルほどある大きな置き時計(グランドファーザー時計)や屏風など、美術品がたくさん展示されています。

蒸しガニ 石川県でタグ付き加能ガニと温泉が目的で旅館に泊まるなら 深谷温泉の元湯石屋 がおすすめです。江戸時代から受け継がれてきた時間の年輪の中で、極上のひとときを過ごせます。


冬の味覚の王様カニを食べに行こう!

賢治

投稿者プロフィール

埼玉県在住。1956年生まれ。自由業。定年前に勢いで会社を辞めて自由人になった還暦おやじ。趣味は中国古典の翻訳。家族五人

この著者の最新の記事

関連記事

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ

ピックアップ記事

  1. 割烹の宿 大観荘

    夏休みの母娘旅行におすすめ!海鮮料理が自慢の東伊豆の温泉宿

アーカイブ

おすすめ高級宿

  1. 海石榴(つばき)
  2. 奥津荘
  3. ホテル四季の蔵

クローズアップ記事

  1. 鎌倉の大仏

    鎌倉へバスツアーに東京から日帰りで行ってきました。

  2. ホテルカターラ

    子連れ旅行に!熱川のプールとバイキングが評判のホテル

  3. 梅の花 新百合ヶ丘店

    梅の花・新百合ヶ丘店の法事懐石は豆腐しゅうまいが美味しかった。

  4. 土曜スペシャルで紹介された岩手県の温泉宿

    土曜スペシャル(1月31日)で今野杏南・武蔵さんたちが宿泊した岩手県の温泉宿

アーカイブ

ページ上部へ戻る