金目鯛の煮付けがおいしい千葉県のお店・常磐に行ってきました。


金目鯛の煮付け お待ちかねの金目鯛の煮付けが運ばれてきました。50センチ近くある大皿に頭・カマ・身・尾ひれ部分と4つの部位に切り分けられた金目鯛が載っています。濃い飴色のタレがたっぷり染みこんでいるのが見た目にもはっきりと分かります。

金目鯛の煮付け(頭) こちらは金目鯛の頭の部分です。目のまわりはゼラチン質でコラーゲンたっぷりという感じ。明日の朝は肌がつるつになりそう♪

金目鯛の煮付け(カマ) カマの部分の煮付けです。身は引き締まってお刺身ほどではありませんがプリプリ感も楽しめます。甘辛のたれが身にも皮にも染みこんでいて濃厚な味わいです。

金目鯛の煮付け(身) 身の部分はとてもやわらかくふっくらとした食感。カマの部位と同様、身にも皮にも甘辛のタレが染み渡っています。脂がのった身は上品な甘みも感じます。金目鯛は一年中獲れますが、ご主人にうかがったところ「冬場のキンメダイはとくに脂がのっているので一年の中でも今がいちばんおいしい」とのことでした。

キンメダイの煮付け(尾ひれ部分) こちらは尾ひれ近くの煮付けです。身に近い部分はふっくらした食感、尾ひれに近い部分は引き締まったプリプリの食感が楽しめます。タレも染み渡っています。白いご飯が食べたくなりました。

トロキンメの煮付け 専門店の金目鯛の煮付けというと丸ごと一尾を煮付けた姿煮をイメージします。私たちも一匹丸ごとの金目鯛の姿煮が出てくるのかなと思っていましたが、常陸(ひたち)のご主人にうかがったところ、切り分けたほうがそれぞれの部位にしっかりと甘辛だれが染み渡るのと、調理時間が短くてすむそうです。

金目鯛の煮付け 常陸では注文を受けてから金目鯛の煮付けを作るので、お昼時、お客さんが多いときに、調理時間のかかる一匹丸ごと煮付ける姿煮だと、お客さんを待たせてしまうことになるので、切り分けて、煮付けにするそうです。

なるほど。キンメダイのどの部位もしっかり甘辛タレの旨みが染みこんでいたのは、そういう理由があったんですね。

完食 特大の金目鯛の煮付け、釣りキンメの漬け丼、ちらかし丼。注文したときは、女性二人で食べきれるかなと心配しましたが、あまりのおいしさに、あっいとうまに完食。金目鯛の煮付けは、二人で一皿じゃなくて、ひとり一皿でもよかったかも(笑)

地魚料理専門店 常陸 なにはともあれ大満足。来てよかった~

魚料理 常陸 本日の料理のお値段は、金目鯛の漬け丼(釣りきんめ丼)が1,800円、ちらかし丼が2,000円、金目鯛の煮付け(約2人前)が4,000円、締めて税込み8,424円。新鮮な地魚料理が堪能できました。

銚子沖の金目鯛は日本一 レジ横に「銚子沖の金目鯛は日本一」と書かれた張り紙がありましたが、看板に偽りなし。トロキンメ(トロ金目鯛)とも呼ばれる銚子産のキンメダイは、ほんとうにおいしいお魚でした。「絶対また来ます」とご主人にお礼を言って、常陸(ひたち)をあとにしました。

銚子の観光名所巡りをして帰りました。

ページ:
1 2 3

4

5
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. ウェルネスの森伊東

    子連れ旅行で伊東に宿泊するならおすすめはウェルネスの森伊東

料理が評判の宿

  1. 和倉温泉の多田屋
  2. 和歌山でクエ料理が自慢の温泉旅館
  3. どぶ汁

クローズアップ記事

  1. 別邸向日葵

    女子旅に!日光杉並木のそばに佇む創作フレンチが評判の宿<全10室>

  2. 強羅公園

    新しい宿<2015年7月オープン>箱根強羅駅からも近い温泉宿

  3. ニセコ昆布温泉 鶴雅別荘 杢の抄

    北海道に夫婦で温泉旅行に行くならニセコ昆布温泉の杢の抄がおすめです。

  4. 卒業旅行は久米島へ!

    卒業旅行に!久米島の観光スポットとおすすめホテル

ページ上部へ戻る