あんこう鍋とあんこう吊し切りショーが名物|大洗ホテル(茨城県)

大洗 ホテルのどぶ汁

茨城県の冬の味覚あんこう鍋。冬の時期は茨城県の各地であんこう鍋が楽しめますが、中でも大洗町(おおあらいまち)は、あんこう鍋が盛んなエリア。今回は、茨城県の大洗町にあるあんこう鍋とあんこう吊し切りショーが名物の 大洗ホテル をご紹介します。

あんこう吊し切り あんこう(鮟鱇)は一見するとグロテスクな魚ですが、味は姿に似合わず淡泊で、肉は脂肪が少なく低カロリー。コラーゲンもたっぷりなので、美容にも最適な魚として、女性にも人気があります。

あんこうは「吊し切り」という独特の方法でさばきますが、大洗ホテルでは、あんこうの吊し切りの実演を冬の期間(11月~3月)毎日おこなっていて、大洗ホテルの名物にもなっています。

大洗ホテルでは、通常のあんこう鍋や「どぶ汁」と呼ばれる濃厚なあんこう鍋が楽しめる、さまざまな あんこう鍋の宿泊ブラン が用意されています。

どぶ汁(肝煎り) あんこうどぶ汁(あんこう鍋)は、まず、土鍋であん肝を空煎りします。通常のあんこう鍋は、あんこうと野菜を肝の味噌スープで煮ますが、どぶ汁は、水はまったく使わずに、あん肝とあんこうの水分だけで作ります。

どぶ汁(身入れ) あん肝をから煎りして、肝(きも)の油がでたところで、あんこうの身を土鍋に入れます。どぶ汁には、通常のあんこう鍋の2倍近くの肝と身が入りますので、コクがあって濃厚な味わいになります。

どぶ汁(野菜入れ) あんこうと肝を合わせたら次にネギと白菜などの野菜が入ります。あんこう鍋にはネギと白菜ははずせません。

どぶ汁(煮込み) 野菜を入れたらどぶ汁を煮込んでいきます。あんこうの身と肝からでる出汁(だし)に野菜の水分と旨みが加わって、コクのある濃厚な味わいに仕上がっていきます。

どぶ汁(仕上げ) ほどよく煮込めたところで春菊などの野菜が入ってどぶ汁の完成。濃厚ながらまろやかで栄養価も満点。茨城県以外ではめったに口にすることができない究極のあんこう鍋です。

あんこうどぶ汁 どぶ汁は、通常のあんこう鍋と比べると、あんこうの身がブリッとしているのが特徴。コクと旨みが濃縮された通の味です。

あんこう鍋(〆のおじや) お鍋の〆はおじや。どぶ汁でつくる旨みたっぷりのおじやは感動ものです。

オーシャンビューの半露天風呂付き客室 大洗ホテルの目の前は海なので、半露天風呂付き客室からはお風呂に入りながら雄大な太平洋が一望できます。ホテル最上階にある展望大浴場から見渡す太平洋は絶景です。

おもてなし

大洗ホテルは心地よい接客とサービスがモットー。そっと見守りながら気をつかってくれるので、ストレスを感じることなく、快適な時間を過ごせます。

あんこう吊し切り実演ショー 大洗ホテルは、あんこう吊し切り実演ショーと絶品のあんこう鍋が楽しめるので、あんこう鍋を食べに茨城県に旅行に行くならおすすめのホテルです。本格的なあんこうどぶ汁を楽しみたいかたには 究極!あんこうどぶ汁プラン がおすすめです。

茨城のあんこうの季節は11月から3月。とくに、あんこうの肝が肥大する12月から2月がおいしい時期。あんこう鍋は茨城県内の各地で楽しめますが、なかでも大洗は人気のエリアです。

大洗であんこう鍋が楽しめる宿

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

賢治

投稿者プロフィール

埼玉県在住。1956年生まれ。自由業。定年前に勢いで会社を辞めて自由人になった還暦おやじ。趣味は中国古典の翻訳。家族五人

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 上諏訪温泉 渋の湯

    夏休みに毎日花火が見える諏訪湖畔の宿といえば上諏訪温泉の渋の湯です。

料理が評判の宿

  1. まるみつ旅館のあんこう鍋
  2. 越前ガニ
  3. きらら温泉 水月花

クローズアップ記事

  1. ノドグロ

    石川県でノドグロ会席が楽しめる料理自慢の温泉宿

  2. 餅つき

    矢部美穂さんが温泉グルメ番組で訪れた山形県の温泉宿

  3. 和歌山県の湯の峰温泉に宿泊するなら旅館あづまやがおすすめです。

  4. 新潟県の名旅館

    テレビ東京の温泉番組で小林綾子・原史奈さんが宿泊した新潟県の名旅館

ページ上部へ戻る