厳選いい宿(2015年3月11日)で紹介された箱根湯本温泉ホテル河鹿荘

箱根湯本温泉ホテル河鹿荘

テレビ東京の厳選いい宿(2015年3月11日放映)で、お笑い芸人の東MAXこと東貴博(あずまたかひろ)さんとタレントの木口亜矢(きぐちあや)さんが訪れた、箱根湯本温泉の風情ある老舗宿をご紹介します。

玄関 新宿から小田急ロマンスカーで約1時間30分。東貴博さんと木口亜矢さんがやってきたのは四季を通じて人気の温泉地・箱根湯本。二人が訪れた宿は、創業65年の老舗宿 ホテル河鹿荘 (ほてるかじかそう)。宿の前を流れるのは早川。四季折々、箱根の自然を親しむことができます。

客室 こちらのお部屋は番組で紹介された広縁(ひろえん)付き12.5畳の和室。開放的な窓からは箱根の山々を一望。早川のせせらぎも聞こえてきます( 客室の広さやタイプは 宿泊プラン によって異なります)

温泉 ホテル河鹿荘は源泉を9本所有。箱根湯本の中でも自家源泉を持つ宿はなかなかありません。歴史ある宿だからこそできるぜいたくさです。泉質はアルカリ性単純泉。肌がとてもなめらかになるお湯です。効能は、神経痛・関節痛・冷え症など。

大浴場 自家源泉の箱根の湯を堪能できる大浴場。外には大きな露天風呂もあります。古来から箱根越えの旅人を癒してきた名湯で温泉三昧。日々の喧噪(けんそう)を忘れさせてくれるゆったりとしたひとときが過ごせます。

展望露天風呂 趣が異なる6つの展望風呂と2箇所の内湯が楽しめる大浴場。こちらは番組の中で木口亜矢さんが入浴した展望露天風呂です。眺望も抜群。身も心も癒されます。

足湯 開放感にあふれた足湯もあります。なんと足湯も源泉掛け流し。早川のせせらぎを聞きながらゆったりとした時間が流れます。足湯は日の出から日の入りまでの営業。湯上がり後にビールを飲みながら足湯でのんびりするのもいいですね。

お造り 箱根湯本温泉ホテル河鹿荘の夕食です。まずはお造り。地元・相模湾の地魚を中心に、マダイ・キンメダイ・マグロなどがいただけます。河鹿荘で35年、神奈川県の名工(めいこう)にも認定された料理長が腕を振るいます。

前菜 前菜は、数の子松前・海老手毬(てまり)・蛤木の芽和え(はまぐりこのめあえ)など彩りも鮮やか。盛りつけも宿のこだわりです。煮物は新鮮な北海道産のタラコと春の訪れを告げる味覚・駿河湾で獲れた桜エビをすり込んだ桜饅頭(さくらまんじゅう)

焼き物 焼き物は銀ガレイのけんちん焼きや近江こんにゃくなど見た目にも美しい季節の味が楽しめます。銀ガレイのけんちん焼きを食べた東貴博さん「お豆腐のふわふわ感と銀ガレイの旨味が相まって、あんかけがぐっと味を締めますね。やさしい味ですねぇ」

強肴 強肴(しいざかな)は、国産牛のオニオン酒蒸し。火を付けて待つこと数分。国産牛オニオン蒸しの食べごろです。「脂がきれいに浮いてて、お肉が光ってます。お肉もやわらかくて、抜群にうまいです」(東貴博さん)

朝食 朝食もボリューム満点。小田原かまぼこ・温泉卵・地魚の干物・湯豆腐など、ほっとする品々が並びます。

会席料理 地元の旬の食材を美しい器に配した 箱根湯本温泉 ホテル河鹿荘 (ほてるかじかそう)の華やかなおもてなし。名湯と絶品料理に大満足の東貴博さんと木口亜矢さんのお二人でした。

賢治

投稿者プロフィール

埼玉県在住。1956年生まれ。自由業。定年前に勢いで会社を辞めて自由人になった還暦おやじ。趣味は中国古典の翻訳。家族五人

この著者の最新の記事

関連記事

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ

ピックアップ記事

  1. 熱川YOU湯ビーチ

    熱川大和館は海水浴場が目の前なので夏休みの家族旅行におすすめです。

アーカイブ

おすすめ高級宿

  1. ATAMI せかいえ
  2. 遠刈田温泉だいこんの花(宮城県)
  3. 箱根仙石原 料亭旅館 いちい亭

クローズアップ記事

  1. 伊勢二見浦の夫婦岩

    伊勢二見浦の夫婦岩へ徒歩12分とアクセス便利な老舗旅館・朝日館

  2. 鎌倉新荘園で団体ランチ

    小町通りの鎌倉新荘園で団体ランチ。名物の生しらす丼をいただきました。

  3. 箱根小涌園 天悠

    箱根の新しい宿<2017年4月ニューオープン>箱根小涌園 天悠

  4. オーベルジュ内子

    清水アキラ親子がイチオシ2泊3日の旅で宿泊した愛媛のリゾートホテル

アーカイブ

ページ上部へ戻る