18種類の貸切露天風呂で湯めぐりができる群馬県の秘湯の宿 龍洞

群馬県の秘湯の宿

東京から上越新幹線で上毛高原へ(約1時間20分)。上毛高原からバスを乗り継いでおよそ1時間15分。今回ご紹介するのは、群馬県の名湯・水上温泉(みなかみおんせん)の最北に位置する 湯の小屋温泉 龍洞 (ゆのこやおんせん りゅうどう)。利根川の源流のひとつ木の根沢川(きのねざわがわ)沿いにある全22室の秘湯の宿です。

ドリンクサービス 宿のオリジナルサービスとして、ロビーラウンジで、コーヒー・紅茶が飲み放題(8時~20時30分)。奥利根の景色を見ながらゆったりとくつろげます。

客室 上の写真はメゾネットタイプの露天風呂付き和洋室。2階はツインベッドルームになっています。客室の露天風呂からは木の根沢川が一望。お湯は源泉掛け流し。川のせせらぎを聞きながらのんびりできます(客室のタイプは 宿泊プラン によって選べます)

露天風呂 龍洞(りゅうどう)の自慢は、なんといっても18種類もある露天風呂。しかもすべての湯船が源泉掛け流しなんです。泉質はアルカリ性単純温泉で、肌あたりがとてもやわらか。美肌温泉のひとつとされるペーハー値がとても高いので、湯上がりの肌は驚くほどすべすべになります。

渓流露天風呂 こちらは大露天風呂の川龍(せんりゅう)。その名のとおり木の根沢川のせせらぎが間近に聞こえる野趣あふれる露天風呂です。奥利根の自然に包まれながら、ぜいたくな湯浴みが満喫できます。

貸切露天風呂 敷地内にある18箇所の露天風呂は、宿のオリジナルサービスで、すべて無料で入り放題。しかもすへでの湯船が源泉掛け流し。温泉好きにはたまりません。居ながらにして湯めぐりが楽しめる温泉テーマパークです。

お休み処 こちらは築130年の古民家を再利用したお休み処・遊湯館(ゆうゆうかん)。囲炉裏が切られ、どこか郷愁を感じる空間が、湯上がりのひとときをあたたかく出迎えてくれます。

創作フレンチ 湯の小屋温泉・龍洞(りゅうどう)の夕食です。料理長のこだわりは、お箸で食べられる創作フレンチ。季節に合せた自慢の料理がいただけます。

前菜 前菜は、日本人好みの和だしの風味を生かしたヒメマスのカルパッチョとかぶら。彩りも鮮やか。やわらかなヒメマスの身と和だしが染みこんだかぶらとの相性も抜群です。

魚料理 魚料理はイワナの塩焼き湯の小屋風。イワナの塩焼きに合わせるのは、昆布締めしたナマズの切り身をフレンチマスタードで漬け込んだもの。

肉料理 肉料理は、A4ランクの上州牛サーロインステーキと赤城鶏(あかぎどり)のむね肉ソテー。上州牛のサーロインステーキはトリュフバター、赤城鶏のむね肉ソテーは生クリームとわさびのソースを添えていただきます。

秘湯の宿 18種類の源泉掛け流しの貸切露天風呂と、山の幸・川の幸がたっぷりの和風創作フレンチを存分に堪能。群馬県 湯の小屋温泉 龍洞 (りゅうどう)は、川のせせらぎを聞きながら、のんびりと温泉で癒されたい人には、おすすめの秘湯の宿です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

賢治

投稿者プロフィール

埼玉県在住。1956年生まれ。自由業。定年前に勢いで会社を辞めて自由人になった還暦おやじ。趣味は中国古典の翻訳。家族五人

この著者の最新の記事

関連記事

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ

ピックアップ記事

  1. 塩原温泉の湯宿

    夏休みの夫婦旅行におすすめ!塩原温泉の川沿いに佇む静かな湯宿

アーカイブ

おすすめ高級宿

  1. ホテル森の風鶯宿
  2. 琵琶湖ホテル
  3. 那須高原 山水閣

クローズアップ記事

  1. 鬼の栖(修善寺温泉)

    記念日旅行に!修善寺温泉の老舗の料亭旅館<全室離れ>

  2. 一言主神社の御朱印(茨城県常総市)

    一言主神社で御朱印をいただいてきました<茨城県常総市>

  3. 玄藩ファーム

    雑木林に囲まれた加須市のカフェ玄蕃ファームでランチを食べました。

  4. 湯回廊 菊屋

    還暦祝い旅行に!伊豆・修善寺温泉の老舗旅館

アーカイブ

ページ上部へ戻る