50代の夫婦旅行におすすめ!伊豆・天城湯ヶ島の老舗温泉旅館

天城湯ヶ島の老舗温泉旅館

東京からJR特急踊り子で修善寺へ(約2時間10分)。修善寺からバスに乗り換え約35分。今回ご紹介する宿は、小説・伊豆の踊子の舞台としても知られる伊豆・天城湯ヶ島にある 落合楼 村上 (おちあいろう むらかみ)。古くから文人墨客(ぶんじんぼっかく)に愛されてきた老舗旅館で、50代の夫婦旅行におすすめの宿です。

外観 落合楼村上の創業は明治7年。今年(2015年)で141年目を迎え、建物は国の登録有形文化財にも指定されています。

大広間 落合楼村上は宿全体が丸ごと文化財。文化財というと、入ってはいけないとか、触ってはいけないとか、制約のある場所が多いのですが、落合楼村上は、どこでも立ち入ることができ、自由に過ごすことができます。

読書室 過ごしてこそ、使ってこその文化財。落合楼村上は日本文化のすばらしさを感じられる宿です。

廊下 館内の廊下の窓に使われているガラスは大正ガラス。80年前のガラスが割れずにそのまま残って使われています。現在、このガラスは国内では作られていない貴重なガラスです。

客室 客室は、およそ3,000坪の敷地内にわずか15部屋。書院造りのお部屋も国の登録有形文化財。柱や調度品にも風情があります。

客室の足湯 濡れ縁(ぬれえん)には専用の足湯があり、目の前を流れる狩野川(かのがわ)を眺めながら足湯が楽しめます。しかも足湯は源泉掛け流し(客室のタイプは 宿泊プラン によって選べます)

貸切露天風呂 こちらは貸切大露天風呂。宿のオリジナルサービスとして、貸切大露天風呂が40分間無料で利用できます。もちろんお湯は源泉掛け流し。この広い露天風呂を貸切できるとは、なんともぜいたく。狩野川の川面(かわも)を眺めながらのんびりと湯浴みが楽しめます。

会席料理 天城湯ヶ島・落合楼村上の夕食は、伊豆の旬の食材をふんだんに使った会席料理。日本料理を極めた料理長が腕を振るいます。

八寸 八寸(はっすん)は、姫サザエの香草焼き、新馬鈴薯(しんばれいしょ)の酒盗(しゅとう)、稚鮎(ちあゆ)の甘露煮などの盛り合わせ。

お造り お造りは、地元で揚がったヒラメやメダイなどの白身魚と、清流で育ったアマゴを天城山のワサビといっしょにいただきます。

揚げ物 揚げ物は、駿河湾産・桜エビとシラスのかき揚げ。沼津産アマダイの炭火塩焼きを桜塩(さくらじお)でいただきます(料理は季節や仕入れによって替わります)

朝食 朝食は、自家製豆腐・アジの干物・自然薯(じねんじょ)・厚焼き玉子など、素朴な味わい。熟練料理人の技と、食通もうなる食材が、竹カゴの器に散りばめられています。

館内 地元の幸や旬の味覚を取りそろえた会席料理と、有形文化財に触れながら過ごす極上の時間を堪能。伊豆・天城湯ヶ島温泉 落合楼 村上 は「贅沢」の意味が分かり始めた、50代の夫婦旅行におすすめの温泉宿です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

賢治

投稿者プロフィール

埼玉県在住。1956年生まれ。自由業。定年前に勢いで会社を辞めて自由人になった還暦おやじ。趣味は中国古典の翻訳。家族五人

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 軽井沢おもちゃ王国

    夏休みの子連れ旅行に!軽井沢のおもちゃ王国で遊べるリゾートホテル

夏休み旅行おすすめ宿

  1. 熱川YOU湯ビーチ
  2. ホテルリゾリックス車山高原
  3. 熱川ホテルカターラ

クローズアップ記事

  1. 志摩観光ホテル

    磯山さやか・青木愛さんが旅番組で宿泊した志摩観光ホテルを写真で紹介

  2. 袋田の滝

    袋田の滝に近くて観光スポットにもアクセス便利な温泉宿

  3. 伊豆高原の隠れ宿 syuhari

    カップルで伊豆高原に泊まるなら宿は守破離(しゅはり)がおすすめです。

  4. 指宿 白水館

    そうだ旅に行こうでローラさんが宿泊した砂蒸し温泉 指宿 白水館

ページ上部へ戻る