伊東温泉で名湯と懐石料理が満喫できる大人の湯宿といえば?

大人の湯宿

東京からJR特急踊り子で約1時間40分。今回ご紹介するのは、東伊豆に湧く名湯・伊東温泉の歴史を受け継ぐ名旅館 伊東遊季亭 (いとうゆうきてい)。効能豊かな温泉と創作懐石料理が満喫できる大人の湯宿です。

なんと、宿のオリジナルサービスで、伊東駅からタクシーの運転手さんに宿名を告げるだけで無料で送迎してもらえるんです。これはありがたいですね。

エントランス 宿に到着してまず目にするのが和モダンに統一されたエントランス。正面の大きなガラス窓は、自慢の景色が楽しめるように、温泉街の松川(まつかわ)に面して造られています。高級感が漂います。

ライブラリー さらにロビーラウンジには、ライブラリーも併設されていて、あたたかな日差しを浴びながらのんびりと読書も楽しめます。なんともぜいたくな時間です。

客室 客室は和モダンルーム・和室など四つのタイプのお部屋が用意されています。上の画像は和モダンルーム。開放的な大きな窓からは相模灘(さがみなだ)を一望。シモンズベッドもふかふか。快適です。いい夢が見られること間違いなし(客室のタイプは 宿泊プラン によって異なります)

岩風呂 部屋でひと息ついたら宿自慢の温泉へ。お風呂は男女別の大浴場と貸切りの露天風呂があります。自家源泉が湯船のすぐそばで湧いているので鮮度抜群の温泉が楽しめます。泉質はナトリウム・カルシウム―塩化物泉。とろみのある質感があり、塩分をたっぷり含んだ温泉が体中を包み込んで、保温と保湿を手伝ってくれます。

大浴場 こちらは人気の大浴場・木清の湯(もくせいのゆ)。中に入ればなんとも風情ある広々とした内湯が迎えてくれます。もちろん温泉は源泉掛け流し。

露天風呂 大浴場の奥には宿の名物風呂・洞窟露天風呂があります。湯床に敷き詰められた黒い玉砂利が足裏のツボを心地よく刺激し、血行をよくしてくれるんだとか。名湯に身をゆだね、ゆっくり、のんびり、至福のひとときが流れていきます。

お造り 伊東温泉・遊季亭の夕食です。お造りは、伊東産キンメダイ・ホウボウ・タイなど。ダイダイに盛って出されるのは伊東産マダイのお造り。食べ方にひと工夫されていて、ダイダイを搾っていただきます。

鍋料理 止肴(とめざかな)はレタス鍋。静岡産レタスを鍋に敷いて、静岡型銘柄豚ふじのくに・白ねぎ・えのき・水菜などを具に入れた味わい深い一品(料理は季節や仕入れによって替わります)

金目鯛の煮付け ちらは金目鯛の煮付け。郷土のほまれ・キンメダイは、砂糖・みりん・しょう油でじっくりと煮詰めて、最後にたまり醤油を加えて炊き込みます。身は柔らかくふわふわ。甘辛だれの味も絶妙です。

懐石料理 ふるさとの味と旬の味覚満載の創作懐石料理に、歴史ある天然温泉を自家源泉の掛け流しで堪能。伊東温泉 伊東遊季亭 は、ワンランク上のぜいたくなくつろぎの時間が過ごせる大人の湯宿です。

賢治

投稿者プロフィール

埼玉県在住。1956年生まれ。自由業。定年前に勢いで会社を辞めて自由人になった還暦おやじ。趣味は中国古典の翻訳。家族五人

この著者の最新の記事

関連記事

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ

ピックアップ記事

  1. プールとバイキングが楽しめるホテル

    夏休みに家族で箱根に泊まるならプールとバイキングが楽しめるこのホテル

アーカイブ

夏休み旅行おすすめ宿

  1. 熱川YOU湯ビーチ
  2. プールとバイキングが楽しめる那須のホテル

クローズアップ記事

  1. 下部ホテル

    石原裕次郎が愛した下部ホテルの客室・風呂・夕食を写真で紹介

  2. 伊東温泉 米屋

    記念日旅行で伊東温泉に宿泊するなら料理旅館の淘心庵米屋ですね。

  3. ATAMI せかいえ

    2015年4月にニューオープン!テレビでも紹介された熱海の極上リゾート

  4. 秩父別温泉

    秩父別温泉に宿泊するなら ちっぷ・ゆう&ゆ がおすすめ<1万円以下>

アーカイブ

ページ上部へ戻る