50代夫婦旅行で群馬に行くなら四万温泉ひなたみ館がおすすめです。

四万温泉

いちばん下の子もやっと独立。また二人だけの夫婦生活に戻った50代の私たち。主人とは最近よく映画や食事に出かけていますが、今まで主人は仕事、私は子育てに追われ、二人で旅行に出かけた記憶がありません。

温泉街 行きたいな~、温泉旅行。たとえば昭和初期にタイムスリップでき、スマートボールや射的などの遊技場もまだ残っているようなレトロ感たっぷりの温泉街を主人と散策できたら楽しそう。

渓谷 「緑に囲まれた山間の渓谷の温泉に二人で泊まってみたいね」と主人に話をしたところ、ちょうど主人も同じことを考えていてくれたみたい。「行ってみるか」と、主人が「じゃらん」でいろいろ調べて候補に選んでくれた宿は――

外観 群馬県の緑深い山間にたたずむ全10室の小さなお宿 四万温泉 ひなたみ館 。施設は川沿いにあり、私が主人と訪れたいと思っていた旅館そのもの。

部屋 お部屋はスッキリ広々としていてセンスがよく、とても清潔感があります。窓の外に爽やかな緑の景色が広がって、都会の喧騒を離れて時間を過ごせそう。畳があるとのんびりできるから泊まるお部屋は和室とか和洋室のほうがいいな。

お部屋のタイプは 宿泊プラン の中から選べるので、滝を眺めながら湯浴みができる露天風呂付きのお部屋もいいなぁ…。主人はタバコを吸うけど私は吸わないので禁煙ルームは譲れません。

貸切露天風呂 ひなたみ館のお風呂は三種類。すべて貸し切りで入り放題。じゃらんに載っていた露天風呂の目の前に広がる深緑がたまりません。川のせせらぎも聞こえるのかなぁ。こんな露天風呂に浸かったら心も体も癒やさそうですね。

ロクシタンのアメニティー 内風呂のアメニティーはロクシタンが置いてあるんですね。これは贅沢。女性にはうれしいかぎりです。

スパークリング日本酒 温泉を満喫したらお楽しみの夕食。「今まで全速力の人生だったけど、これからは二人の時間をゆっくり楽しもうね」と主人と二人で乾杯、なんていいなぁ。静かに会話は弾み、至福の時間を過ごせそう…ステキ!

食事 四万温泉ひなたみ館のお食事はどれも手の込んでいそうな創作料理。繊細さが伝わってきます。お野菜、川の幸、山の幸とバラエティーに富んだ内容。ボリュームもありそう。上州牛の石焼は美味しそうだな~

朝食 朝食も豪華。えっ!これ朝の食事? って思うほどの品数とボリュームに驚く朝食。我が家の朝食とは大違い(笑)何から何まで私の理想どおりのプランです。いいえ、それ以上であろう宿を見つけてくれた主人に感謝。

記念日 もうすぐ私の誕生日が近いので、主人がサプライズで温泉旅行をプレゼントしてくれる予定だったみたい。もちろんふたりとも納得で 四万温泉 ひなたみ館 に宿泊決定!さっそく主人がじゃらんで予約をしてくれました。楽しみです♪

豆乳サンデー

そうそう、せっかくレトロな雰囲気かな残る四万温泉に行くんだから温泉街にも出かけて 香茶房おきなやの豆乳サンデー は絶対に食べよう(笑)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

尚子

投稿者プロフィール

東京都在住。1964年生まれ。主婦。子育ても落ち着いたので地域情報紙の編集アシスタントとして従事。趣味は旅行。家族四人+愛犬1匹

この著者の最新の記事

関連記事

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ

ピックアップ記事

  1. 一柳閣

    熱川YOU湯ビーチが目の前!海鮮料理が自慢の夏休み旅行におすすめの宿

アーカイブ

おすすめ高級宿

  1. ふたり木もれ陽
  2. 奥津荘
  3. 皆生温泉・松月

クローズアップ記事

  1. 丸駒温泉旅館

    支笏湖で絶景露天風呂と食事が評判の宿に宿泊するなら丸駒温泉旅館です。

  2. 湯之島館

    下呂温泉に宿泊するなら登録有形文化財の宿・湯之島館ですね。

  3. 松田屋ホテル

    湯田温泉の老舗旅館・松田屋ホテルの歴史と料理を写真で紹介

  4. Ginsai Plus(ギンサイプラス)

    銀座 Ginsai Plus(ギンサイプラス)でオーガニックランチを食べました。

アーカイブ

ページ上部へ戻る