青森県の有名ホルモン精肉店|大昇ホルモン(北津軽郡板柳町)

2015-1-2

大昇ホルモン 年末年始に主人の実家の青森県に帰省すると知人に言ったら、板柳町(いたやなぎまち)に大昇ホルモン(おおしょうほるもん)という有名なホルモン精肉店があるので、買って送ってくれない? と頼まれたので、元旦に大昇ホルモンに行ってきました。

2015年1月1日。青森は雪。カーナビを頼りに雪道の中、板柳町にある大昇ホルモンの黄色い看板が遠くに見えました。なんとか到着。元旦だけどお店はやってるかな。

お店の入口に注連飾りが飾ってあります。やってるみたい。よかった。かなりの雪道だったからカーナビがなかったら絶対に大昇ホルモンには着かなかったかも(笑)

お店の中に入るとカウンターに黒い招き猫と鏡餅が供えられていて、奥の壁に「千客万来」の書と「焼肉おおしょう」ののれんが見えます。

メニューを見ると、100グラムの値段が、豚ホルモン(110円)上ホルモン(150円)豚ハツ(160円)豚タン(160円)豚サガリ(160円)豚バラ(160円)すべて国産。安いな~

コブクロ(国産160円)豚トロ(アメリカ産240円)鶏首(1パック1100円)牛ホルモン(1キロ2100円)豚足(1本260円)のほかに、オーストラリア産の牛バラ(220円)牛カルビ(300円)牛タン(360円)花咲カルビ(350円)これも安い。

キムチもあります。小500円、大1400円。地元の人は、豚ホルモンを大量に買っていくそうです。ホルモンは、歯ごたえがあって、タレもおいしく、遠方から買いに来るお客さんもたくさんいるそうです。私も買いに来たいけど、東京だからなぁ(笑)

お友だちに電話をしてメニューと値段を伝え、豚ホルモン1キロ、上ホルモン2キロ、カルビ1キロ、キムチ大を注文。どれも新鮮でとってもおいしそう。お友だちは1月4日に家に親戚が集まるので、そのときにホルモン鍋を作って、焼肉もやるそうです。私もお呼ばれしたいな~

大昇ホルモンは全国配送もしてくれるので、お友だちの住所と電話番号を伝え、配送をお願いしました。送料は別途必要です。

大昇ホルモン(青森県北津軽郡板柳町) 大昇ホルモン(おおしょうほるもん)の住所は、〒038-3661 青森県北津軽郡板柳町福野田実田19-8( 地図 )電話番号は、0172-73-2373

焼肉食堂おおしょう 大昇ホルモンの隣には、系列店舗のホルモン焼き肉店「焼肉食堂おおしょう」もあります。ここも地元では有名店で、安くて新鮮なホルモンとお肉か食べられます。

追記…

大昇ホルモンから届いたホルモンとつけダレ お友だちに頼まれて寄った大昇ホルモンでしたが、あまりにもおいしそうだったので私も注文して東京の家に届けてもらいました。

ホルモン 届いたホルモンは見るからに新鮮。レバー・タン・カシラ…。いろいろな部位がいっしょに入っています。どの部位も大きくて食べ応えがありそう。私の地元(東京)のホルモン焼きのお店でもなかなかこんなりっぱなホルモンは見たことがないなぁ。

ホルモンのつけダレ つけダレも付いてきました。なんかおいしそう。つけダレがとっても気になったので、まずは鉄板でホルモン焼きにして食べることにしました。

ホルモン焼き 我が家には、知り合いのお好み焼き屋さんからいただいた鉄板焼き用の鉄板があるんです。本格的でしょ?(笑)主人と長男と私の三人で鉄板を囲んで、大昇ホルモンから取り寄せたモツでホルモン焼きパーティー

モツ焼き モツもおいしかったけど、つけダレがとってもおいしかった。私が今まで食べたどのお店のタレよりも大昇ホルモンのタレはおいしかった。冷凍庫にはまだ大昇ホルモンで取り寄せたホルモンが残っているので、今度は、モツ鍋を作ってみようかな。

秘湯の一軒宿|源泉がお風呂の底から湧き出す青森県の蔦温泉旅館

ピックアップ記事

  1. 高原リゾート

    夏休みの子連れ旅行に!小学生連れの家族におすすめの高原リゾート

おすすめ高級宿

  1. 兵衛向陽閣
  2. 大沼鶴雅オーベルジュ エプイ

クローズアップ記事

  1. 日光珈琲御用邸通

    日光珈琲御用邸通でランチ。天然氷のかき氷も美味しかった。

  2. 野田市山崎 カフェ メゾパッ

    庭がきれいな千葉県野田市のカフェ・メゾパッソに行ってきました。

  3. ゆがわら石亭の料理

    湯河原温泉の割烹旅館ゆがわら石亭を写真で紹介<懐石料理が絶品>

  4. 箱根湯宿 然

    母娘で箱根に温泉旅行に行くなら泊まるのはこの宿がおすすめです。

ページ上部へ戻る