池袋西口のイタリアンバル「ノリショクドウ1958」で女子会

ノリショクドウ1958

2018年8月4日・土曜日。友達のお誘いで、池袋にある norishokudo1958 (ノリショクドウイチキューゴーハチ)というバル(食堂的ワインバー)に4人で女子会に出かけました。JR池袋駅西口を出てすぐの場所なので、アクセスも便利でした。

店内 お店の中は努めてシンプル。壁もテーブルも木目調で統一されています。3~4組入るといっぱいになるほどの小さなお店です。

メニュー さっそくメニューを見せていただきました。お店を紹介してくれたお友達におすすめを聞きながら、みんなで料理とデザートを選びました。

料理とデザート
前菜

まずは前菜のサラダと自家製ピクルス。サラダにはフールーツが3種類ほど載っていて、フルーツの甘さとドレッシングの酸味が相まって出だしから4人で感動の声。ピクルスは香草のディルが使われているようで、ほどよい酸味でプロの味。

イサキのカルパッチョ

続いてイサキのカルパッチョ。素材の味を大事にしているのがわかる優しい味付けです。飲み物は白のスパークリングワインを開けていただきました。辛口で美味しいワインで、お料理とよく合います。

パテ・ド・カンパーニュ

カルパッチョの次は、お店の看板メニューでもあるパテ・ド・カンパーニュ。仔牛と鳥レバーのパテで、私も一度食べてみたかったメニューです。絶妙な舌触りでコクがあり、網脂を使っているなど、こちらもワインが進んでしまう本格的な一品。

スペアリブ

あまりに美味しそうなので写真を撮る前に手を出してしまったスペアリブ。

白身魚のグリル

白身魚のグリルは皮はカリッと香ばしく焼かれ、身の方はほわっとして口の中で解ける感じ。素材を引き立てる最小限の味付けもいい。ここで2本目のスパーリングを開けることに。女4人、よく食べよく飲みよく喋り。

ソーセージ

そして自家製だというソーセージは食べごたえじゅうぶん。レンズ豆の付け合せがよく合います。しかしソーセージも自家製とはやりますね。

ゴルゴンゾーラとはちみつのピザ

さてそろそろシメといきますか。ということで、パスタかピザだねと話していると「ここのピザが美味しいのよ!」というノリショクドウ常連のヨーコさん。ではヨーコさんの言うとおりということで、ゴルゴンゾーラのピザを注文しました。ゴルゴンゾーラピザは、チーズのコクはもちろん、モッチモチの生地がおいしかった。

デザート

最後にいただいたデザートの自家製バニラアイスとフォンダンショコラも大満足。いろいろなお料理がいただけて、スパークリングを2本も空けたのに、お会計は一人約5,000円でした。お店には5,000円前後で3種類ほどのコース料理も用意されています。女子会には最高のノリショクドウ1958。またおじゃましたいな。
norishokudo1958 営業情報
入り口

今回 ご紹介した nori shokudo 1958 (ノリショクドウ1958)の住所は 〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-5-4 1F。アクセスは、JR池袋駅西口から徒歩3分、メトロポリタン口からは徒歩1分。営業時間は11時30分~15時と17時30分~23時。定休日は日曜日。月曜が祝日の場合は月曜日が休みで前日の日曜日に営業。定休日でも予約があれば利用は可。電話番号は 050-5595-2522


ノリショクドウ1958 公式サイト



尚子

投稿者プロフィール

東京都在住。1964年生まれ。主婦。子育ても落ち着いたので地域情報紙の編集アシスタントとして従事。趣味は旅行。家族四人+愛犬1匹

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 白樺ファミリーランド

    白樺ファミリーランドのフリーパス付き宿泊プランのあるホテル

アーカイブ

料理が評判の宿

  1. 焼き牡蠣
  2. カニ料理

ピックアップ記事

  1. かもい岳スキー場
  2. 谷川温泉 水上山荘

アーカイブ

ページ上部へ戻る