染の小道(新宿区中井・妙正寺川)2021年は中止

2020-10-12

染め物の街として知られる東京都新宿区中井。街に流れるのは杉並区にある妙正寺公園(みょうしょうじこうえん)を水源とする妙正寺川(みょうしょうじがわ)。その川のすぐそばに昭和2年、西武新宿線中井駅が開業しました。

それを機に、300軒を超える染色業者が浅草や神田から移り住み、中井周辺は染め物の街として発展。昭和30年ごろまでは反物を川で洗う光景が街の代名詞でした。

現在でも新宿区には90軒ほどの染め物業者があり、中でも大正3年創業の 二葉苑(ふたばえん)の工房では、職人さんが、100種類ものハケを使い分けて、色の濃淡を表現。染め物の伝統を継承しています。

毎年二月に行なわれるイベント「 染の小道 」(そめのこみち)では、色鮮やかな反物が妙正寺川を埋めつくし、早春の風にたなびきます。2021年の「染の小道」は、新型コロナウイルス感染拡大防止のために中止になりました。

ピックアップ記事

  1. プールとバイキングが楽しめるホテル

    夏休みに家族で箱根に泊まるならプールとバイキングが楽しめるこのホテル

アーカイブ

アーカイブ

ページ上部へ戻る