熱海梅園もみじまつり2020年の日程と宿泊先におすすめの温泉宿

2020-10-28

熱海梅園といえば、早咲の梅で有名ですが、紅葉の名所でもあるんです。毎年11月中旬から12月下旬まで、見事に色づく紅葉に合わせて「熱海梅園もみじまつり」も開催。日本でもっとも早咲の梅は、毎年11月下旬に第一号の梅が咲き始めるので、梅と紅葉が同時に見られることもあります。


2020年の熱海梅園もみじまつりの日程は、11月14日・土曜日から12月6日・日曜日まで。熱海梅園もみじまつりの期間中はライトアップも行なわれます。ライトアップの時間は16時30分から21時。熱海梅園もみじまつりの入園は無料です。熱海梅園もみじまつりの詳細は、熱海市観光協会の公式サイト「 あたみニュース 」で要確認。

熱海梅園へのアクセスは、車では、東名高速道路・厚木インターチェンジから約1時間。電車では、JR伊東線・来宮駅(きのみやえき)から徒歩約10分です。駐車場は梅園前に約100台。駐車料金は普通車300円・二輪車100円・マイクロバス1,000円。17時から21時までの駐車料金は無料です。


熱海梅園に近い宿

熱海月右衛門

せっかく熱海に行くんだから日帰りではなく宿泊したいという方におすすめの宿は、熱海梅園から徒歩約5分の場所にある 熱海月右衛門(あたみつきえもん)。2015年12月にニューオープンした絶景自慢の湯宿で、熱海駅から宿までは無料送迎も行なっています。


ピックアップ記事

  1. 上諏訪温泉 渋の湯

    夏休みに毎日花火が見える諏訪湖畔の宿といえば上諏訪温泉の渋の湯です。

アーカイブ

アーカイブ

ページ上部へ戻る