宮島で牡蠣料理が評判のホテル|宮島グランドホテル有もと

宮島で牡蠣料理が評判のホテル

広島の冬の味覚・牡蠣(カキ)。なかでも「かき小町」(かきこまち)と呼ばれるふっくらとした厚みのある大粒のカキは最高級の広島ブランド牡蠣として知られています。今回は、かき小町など旬のカキが楽しめる厳島神社にもっとも近い宿 宮島グランドホテル有もと (ありもと)をご紹介します。

カキ尽くし 広島はカキの生産量全国1位を誇るカキの産地。出荷は10月から5月ですが、カキのおいしい時期は1月から2月。旬の時期には県内各地に名物の牡蠣小屋が並び、かき祭りも行なわれます。宮島グランドホテル有もとでも牡蠣づくし会席コースなど旬の広島カキが食べられるさまざまな 宿泊プラン が用意されています。

焼き牡蠣 ジューシーな牡蠣の身と、身からあふれ出す汁がたまらない焼き牡蠣。生ガキよりも香りが楽しめるので、シンプルにカキのおいしさが味わえます。

カキフライ サクサクの衣のカキフライ。かみしめるとプリプリの身からじゅわっとカキのエキスが口の中いっぱいにひろがります。

カキの朴葉焼き 宮島グランドホテル有もとの宮島牡蠣づくし会席ではブランド牡蠣の「若かき小町」もいただけます。ただし若かき小町は仕入限定品なので入荷されない場合はほかのカキになります。

カキの土手鍋 カキ料理といえば土手鍋。野菜とエキスの旨みが凝縮された濃厚な味わいを堪能できます。土手鍋の〆にごはんを入れていただく牡蠣めしもたまりません。

客室(和室) 客室は和室と和洋室。数寄屋造りを基調とした和室は広めの間取りでゆったりとした時間を過ごせます。露天風呂付きの客室もあります。

露天風呂 お風呂のお湯は厚生労働省認定の活性石温泉。御影石をぜいたくにあしらった大浴場と、檜(ひのき)を使った数寄屋露天風呂が楽しめます。

牡蠣こまち 宮島の牡蠣の時期(1月から2月)に、宮島観光と牡蠣料理が目的で宿を選ぶなら、宮島のとれたての新鮮牡蠣が堪能できる 宮島グランドホテル有もと がおすすめです。

厳島神社

厳島神社へはホテルから徒歩3分。厳島神社にいちばん近い宿なので、宮島観光の拠点としてもアクセス便利なホテルです。宮島桟橋までの送迎もおこなっています。


宮島で牡蠣料理が食べられる宿

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

賢治

投稿者プロフィール

埼玉県在住。1956年生まれ。自由業。定年前に勢いで会社を辞めて自由人になった還暦おやじ。趣味は中国古典の翻訳。家族五人

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. プールとバイキングが楽しめるホテル

    夏休みに家族で箱根に泊まるならプールとバイキングが楽しめるこのホテル

夏休み旅行おすすめ宿

  1. 南房総安房温泉ゆうみ
  2. 上諏訪温泉 渋の湯
  3. 熱川館

クローズアップ記事

  1. 赤倉観光ホテル

    北陸新幹線で行く夫婦旅行におすすめの妙高高原の老舗リゾートホテル

  2. 大人の湯宿

    伊東温泉で名湯と懐石料理が満喫できる大人の湯宿といえば?

  3. 渋温泉

    渋温泉の九湯めぐりの時間と九つの外湯をご紹介<動画あり>

  4. すし久 の手こね寿司

    伊勢神宮内宮前のおかげ横丁・すし久で「てこね寿司」を食べてきました。

ページ上部へ戻る