軽井沢おもちゃ王国

東京から北陸新幹線はくたかと送迎バスを乗り継ぎ約2時間。車の場合は上越自動車道・碓氷軽井沢ICからおよそ55分。今回ご紹介するのは、軽井沢の豊かな自然に囲まれた高原リゾート ホテルグリーンプラザ軽井沢 。ホテル敷地内にある軽井沢おもちゃ王国で思う存分遊べる夏休みの子連れ旅行におすすめのリゾートホテルです。

外観 ホテルグリーンプラザ軽井沢は、お子さま歓迎のリゾートホテルなので、ファミリーのためのサービスが満載。幼児向け施設も充実しているので、赤ちゃんや小さいお子さまがいっしょの旅行でも安心して滞在できます。

おもちゃ王国 ホテルグリーンプラザ軽井沢の魅力はなんといっても敷地内にある軽井沢おもちゃ王国。12種類の乗り物や雨の日でも遊べるおもちゃの部屋をはじめさまざまなイベントが楽しめます(軽井沢おもちゃ王国の フリーパス付きプラン もあります)

わくわく大冒険の森 おもちゃ王国には自然に囲まれた「 わくわく大冒険の森 」もあります。巨大キノコの秘密基地など20種類のアスレチックや、どうぶつ広場、水の広場、渓流釣りなど、さまざまなエリアで遊べます。夏休み期間中は木工クラフト教室や自然体験イベントなども盛りだくさん。

ニジマスのつかみ取り 夏休み期間中は、ニジマスのつかみ取り体験もできます。川の中に裸足で入って、生きているニジマスをつかみ取り。お子さまも大興奮。

バターゴルフ 敷地内にはパターゴルフもあります。コースは18ホールと本格的。自然の中で楽しめるパターゴルフはパパにも人気のエリアです。

客室(和洋室) ホテルグリーンプラザ軽井沢のチェックインは15時。客室は、和洋室・メゾネット・赤ちゃん連れ専用部屋など、さまざまなタイプのお部屋が用意されています(客室のタイプは 宿泊プラン によって選べます)

客室(メゾネットタイプ) こちらはお子さまに大人気のメゾネットタイプのお部屋。パパやママが子供のころに遊んだおもちゃも満載。空気加湿清浄機やベビーズゲートも設置されているので、快適に過ごすことができます。

露天風呂 お風呂は温泉。浅間山の麓から湧き出る湯量豊富な天然温泉で、とろりとした肌触りの茶褐色のにごり湯が楽しめます。やさしい泉質なので、小さなお子さまでも気持ちよく入浴できます(上の写真は露天岩風呂)

大浴場 こちらは大浴場。一度に120人を収容でき、アメニティも豊富にそろっています。大浴場のお湯も天然温泉です。泉質は、ナトリウム―硫酸塩・塩化物・炭酸水素塩温泉。効能は、神経痛・筋肉痛・冷え症・虚弱体質など。

和洋中バイキング ホテルグリーンプラザ軽井沢の夕食は、約70種類のメニューが並ぶ和洋中バイキング。テレビの旅番組でも紹介される豪華さが自慢。目の前で調理される鉄板牛ステーキやお寿司をはじめ定番の人気メニューが食べ放題です。

キッズバイキング ハンバーグやエビフライなどキッズメニューをはじめチョコレートファウンテン、アイスクリームなどのデザートも充実。離乳食も月齢別に用意されています。

朝食バイキング 朝食は和洋メニューのバイキング。洋食はソーセージ・ベーコン・スクランブルエッグ、和食は焼魚・豆腐などの定番メニューが並びます。中でも浅間高原牛乳と群馬県産ブランド卵・ハルランを使ったフレンチトーストは絶品です。

夏休みの家族旅行 軽井沢おもちゃ王国でたっぷり遊んで、キッズメニューも充実している豪華バイキングに大満足。夏休みに家族で軽井沢に行くなら ホテルグリーンプラザ軽井沢 はおすすめの高原リゾートホテルです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者プロフィール

神奈川県在住。1973年生まれ。会社員。ゴルフとスーパー銭湯が大好きな中間管理職。休みがとれないのが悩みの種。家族四人

この著者の最新の記事

関連記事

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ

ピックアップ記事

  1. 一柳閣

    熱川YOU湯ビーチが目の前!海鮮料理が自慢の夏休み旅行におすすめの宿

アーカイブ

おすすめ高級宿

  1. ふたりとわに縁
  2. 稲取温泉 浜の湯
  3. 日本平ホテル

クローズアップ記事

  1. いなとり荘

    金目鯛料理と海一望の絶景が楽しめる稲取温泉いなとり荘

  2. 三河湾リゾートリンクス

    吉良ワイキキビーチ徒歩5分!バイキングが人気の絶景リゾートホテル

  3. 湯宿みかんの木(金眼鯛の煮付け)

    熱海で金目鯛の煮付けが評判の旅館といえば湯宿みかんの木です。

  4. 伊豆大川ほたる鑑賞の夕べ

    伊豆大川ほたる鑑賞の夕べ会場(竹ヶ沢公園)まで送迎プランのある宿

アーカイブ

ページ上部へ戻る